東星学園中学校・高等学校
9/24

教科を超えた多様な体験ボランティア赤い羽根共同募金活動や老人ホームのバザーのお手伝いなどを行っています。高校では、東日本大震災被災地ボランティアとして福島県南相馬市での活動があります。被災地に赴き、活動することで貴重な経験をすることができます。多くの学校行事やクラスワークを運営しているのがそれぞれの企画委員です。どの委員会でも生徒たちは主体的に取り組み、英語劇、学習旅行、写生大会、合唱祭など、各行事を意義あるものにしようと活発に活動しています。中学3年と高校2年で実施。行き先だけでなく、内容まですべて自分たちで決めていきます。目的地の風土、文化、歴史などからテーマを考え、意見をまとめ、旅を創り上げていくのです。現地で人とのかかわりを体験的に学ぶ、活気ある貴重な伝統行事です。企画委員学習旅行全校で取り組む掃除の時間は、沈黙で行われています。掃除の時間であると同時に、沈黙であることによって、深い気づきや出会いの大事な時間となります。特別教室などは縦割りで行うことで先輩や後輩との関わりを深めることができます。放課後、希望者を対象に「毛筆習字」「ペン習字」「華道草月流」「ESS」の4講座を開講しています。毛筆習字、ペン習字、華道は4月に行われるヨゼフ祭で作品の展示発表を行っています。多数の生徒が積極的に参加しています。沈黙の掃除講座ピア・サポート活動仲間との楽しいグループ活動やペアワークを通し、ピア・ヘルパーとして聞き方、話し方の大切さを学びます。コミュニケーション能力の向上、進路実現への効果的活用、困っている人への適切な支援の仕方などの学びに役立てます。また、ピア・スタディでは、上級生のピア・ヘルパーが中学生を対象に勉強を教えています。被災地ボランティア 相馬野馬追 小高神社の行列に参加TOSEI GAKUEN JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL|8

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る