東星学園中学校・高等学校
6/24

東星の特色ある学び様々な可能性を探るための特色ある学び難関大学に挑戦しても、自分の個性を生かした進路を目指してもいい。幅広く将来を想像し、自分の可能性に気づけるように導きます。教科学習各教科の取り組み英語理科数学美術技術・家庭国語音楽社会保健体育学習の基本は毎日の授業。教師は教材研究や授業準備を万全にし、どの教科でも生徒一人ひとりとしっかり向き合って、それぞれのレベルや進路目標を把握するようにしています。質問に答えるだけにとどまらず、必要であれば放課後の時間も使って丁寧に指導。大学進学はもちろん、多様な進路に対応できるように面談を重ね、生徒と一緒に具体的な方向性を決めていきます。オンラインによる英会話の授業、語学研修、夏期講習、ESSなど、主体的な言語活動に取り組むことで4技能の向上をめざします。実験を重視し、実験技能と科学的な思考力を育成します。ICTを利活用し、実験結果の共有やデジタルコンテンツなどで視聴覚的な理解を促します。基礎クラスは基本的な内容にしっかり取り組み、発展クラスは演習問題を多く取り入れて実力が身につくような授業展開をしています。作品制作を中心にモノの見方を学び、表現力を磨きます。グループ制作では互いの能力を認め、作品を完成させることにより協調性を身につけます。技術では、ものづくりを通して体験的な学びを行います。家庭では対話や実習などを通して生活を科学的に見る目と、生きる力を育みます。教科書を読み解く授業の他、グループワークや学年を越えたビブリオバトルなどを行い、発言する力や表現力を養う授業を行っています。合唱祭やクリスマス会での全校ハレルヤコーラスにむけて主体的に練習に取り組み、表現力を養います。協働的で深い学びを目指します。覚えるべき用語を示しつつ、デジタル教材などを用いて「なぜ」「その結果は」など内容理解に重点をおいた授業を行い、論理的思考力を養います。「運動は楽しい。」と感じること、互いの技能を認め合うことを土台にし、各単元で協力をしながら、技能・体力の向上を目指します。5|TOSEI GAKUEN JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る