東星学園中学校・高等学校
23/24

高校生が卒業するときに残していった言葉「人と関わることの大切さを学びました」「目標を持って勉強に励むことができるようになりました」「合唱コンクールや写生大会などの行事が本当に楽しかった」「自分はみんなからこんなに大切にされているのだと知りました」「進路や目標が不透明だった私が大学進学という目標を持ち、実現することができました」「小学生のときは言えなかった自分の意見を皆の前で言えるようになりました」「学習旅行など仲間と一緒に一つのものを作り上げてゆく喜びを知りました」「ここの学校には人のことを本気で考えている人がいるんだと知り驚きました」「部活動を通してがんばる体験をしました」「東星学園はおばあちゃんのうちみたいに帰って来たいところです」東星学園の沿革1930年創立者ヨゼフ・フロジャク神父 東京・中野に結核患者収容施設”ベタニアの家”建設1932年結核患者の子どものための施設“ナザレトの家”建設1934年東星学園(現・児童養護施設ベトレヘム学園)建設1936年東星尋常小学校設立(職員6名、4学級編成、児童総数52名)1937年ベタニア姉妹会創立1940年幼稚園認可開園1947年東星学園小学校と校名変更 同中学校設立1956年定時制女子高等学校設立1959年ヨゼフ・フロジャク師 帰天1965年全日制高等学校(普通科・衛生看護科)開校1966年定時制女子高等学校閉校1967年高等看護学校開校1969年中学校男子募集を一時停止、中高6年一貫の女子教育体制をとる1974年高等看護学校 休校1980年聖ベルナデッタ館(特別教室棟)落成1995年フロジャク館(講堂・図書室・新視聴覚室・パソコン教室・茶室)落成2001年衛生看護科募集停止、中学・高校普通科新体制へ2003年衛生看護科 廃科2004年耐震補強ならびに空調設備施行2006年中高部 週6日制に移行2008年中高部共学化1期生 中学校入学2009年フロジャク神父 来日100周年 帰天50周年2014年中高部共学化1期生 高校卒業2015年創立80周年記念ミサ2017年 全館ICT教育に対応TOSEI GAKUEN JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL|22

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る