玉川学園 中学部・高等部
18/24

16TAMAGAWA ACADEMY国際バカロレア(IB)クラスのカリキュラムMYP・DP認定校■:英語での授業 ■:日本語での授業■IBMYP(7年生)時間割モデル月火水木金時 間8:257:45〜8:15LUNCH9:45〜10:3511:45〜12:358:45〜9:3510:45〜11:3513:25〜14:1514:25〜15:1515:17〜16:3115:33〜16:2316:25〜17:15HomeroomHomeroomEnglish Support Class 英語補習授業ENG(Gr.7&8 joint+5 levels)ENG(Gr.7&8 joint+5 levels)ENG(Gr.7&8 joint+5 levels)ENG(Gr.7&8 joint+5 levels)ENG(Gr.7&8 joint+5 levels)Student'sCommitteeSCII & SSCIMTHI & SI & SMUSMTHCleaningCleaningStudy HallStudy HallIndependentStudyTEC/HETEC/HEChapelMTHARTJPN-AJPN-AJPN-BJPN-BMTHSCISCIStudy HallStudy HallJPN-AJPN-BMYPMUSJPN-AP.EP.EP.EJPN-B英語(7・8年合同5段階別)英語(7・8年合同5段階別)英語(7・8年合同5段階別)英語(7・8年合同5段階別)英語(7・8年合同5段階別)理科社会理科数学社会社会音楽数学美化労作美化労作学習サポート学習サポート自由研究技術家庭技術家庭礼拝数学美術国語国語日本語補習日本語補習数学理科理科学習サポート学習サポート生徒委員会国語日本語補習MYP音楽国語体育体育体育日本語補習IBDPコア要件●知識の理論(TOK)生徒はIBディプロマを取得するために、6つの教科の選択履修に加えて、知識の理論(TOK)、課題論文(EE)、創造性・活動・奉仕(CAS)の評価要求も満たさなければなりません。クリティカル・シンキング能力を養う演習授業です。●創造性・活動・奉仕(CAS)習得した知識を社会活動の中で活かすための奉仕・創作活動です。●課題論文(EE)課題論文では、教科内で焦点を当てたトピックについて深く研究します。ハイレベルの調査・ライティングスキル、そして知的な発見と創造性を育成することを目的としています。詳しくは、別冊IBリーフレットをご覧ください▶■IBMYP(7~10年生)における 英語能力向上のためのカリキュラム構成■IBDP(11・12年生)資格取得要件IBでは、ほとんどの教科をIBの公用語である英語で学ぶため、英語能力の向上は必須となります。玉川学園のIB教育では7年生の入学段階での英語力は高いレベルを求めていません。入学後、英語力を効果的に身につけるために次の言語学習を設定しています。MYPの英語習得段階IBディプロマプログラムの課題に取組むため、MYP終了までに少なくとも第4段階の英語能力に到達している必要があります。そのレベルに到達していない生徒は、7:45から実施する「English Support Class」への参加を求められます。また、放課後の「Study Hall」への参加も推奨しています。 下表はIBプログラムにおける英語能力の進捗と、「英語習得」段階から「文芸批評力習得」段階へ進むことができるレベルを示しています。エントリーレベル中級レベル上級レベル文芸批評力習得段階言語習得第1段階第2段階第3段階第4段階第5段階第6段階IBMYP言語学習評価測定表IBDP生徒は下記の点に留意して教科を選択します。●グループ1〜5の中から一教科を選択すること●グループ6の教科としてグループ3または4の中から2教科目の教科を選択してもよい●グループ2の教科としてグループ1の中から2教科目の教科を選択してもよいEE+TOK(3points)+CASGROUP 3ESS※ SLHistory SL/HL Economics SL/HL(7points)GROUP 1JapaneseA:Literature HL/SLEnglish A:L&L※ HL/SLMandarin A:L&L※ SL(7points)GROUP 2English B HL/SL Japanese B HL/SLMandarin B HL(7points)GROUP 5Mathematics SL/HL Mathematical Studies SL(7points)GROUP 6Visual Arts SL/HL(7points)GROUP 4Physics SL/HL Chemistry SL/HL Biology SL/HL(7points)※L&LはLanguage and Literature※ESSはEnvironmental Systems and Societies

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る