桐朋女子中・高等学校
5/36

 桐朋女子では、教科教育・教科外活動など学校生活のあらゆる場面を通して、生徒たちの創造力を養っていきます。 人は「ことば」を通して考え、「ことば」によって他者に考えを伝えます。私たちは、「ことばの力」はすべての活動の土台になると考えています。その土台の上に様々な活動を行い、論理的な思考力(筋道を立てて考える力)、発想力(ひらめきを生み出す力)、表現力(わかりやすく伝える力)、主体性・協働性(積極的に取り組み、他の人と協力する力)を養います。これらの力が集まり、豊かな創造力(新しいものを創り出す力)が生まれるのです。の育成を目指して(例)発表学習様々な教科でスピーチやプレゼンテーションなどの発表学習を行います。自分の考えを的確に表現する力を身につけます。表現力(例)文化祭展示発表の準備学校行事は究極の主体的・協働的学び。仲間と協力してつくりあげる経験を積み重ねます。主体性・協働性『論理エンジン』と言語技術教育によって、言葉を論理的に扱う力を体系的に習得。言葉で論理的に考え、表現する力が、教科学習や学校行事を行うための土台となります。ことばの力の力主体性協働性桐朋女子の教育04桐朋女子中・高等学校

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る