桐朋女子中・高等学校
27/36

中学入試▶ 口頭試問(小学校で学習したことを踏まえた、総合的な問題)▶ 筆記試験(国語、算数) 国語100点(45分)、算数 100点(45分)中学A入試● 口頭試問 口頭試問は、桐朋女子での生活に欠かせない聞く力、理解する力、考える力、粘り強く取り組む力などに光をあてるものです。試問の前に準備室で取り組んだ課題をもとに先生が質問をして、桐朋女子で成長していくための素地を確認します。考えたこととその理由を一生懸命話してください。もし答えにつまってしまっても、あきらめずに粘り強く考えようという姿勢があれば、先生のヒントをもとに先に進めるはずです。▶ 記述型試験(言語分野、理数分野) 言語分野100点(50分)、理数分野100点(50分)中学論発入試 論理的思考力&発想力入試という名称のこの入学試験は、国語や算数といった教科の枠を超え、いろいろな角度から出題する2つの試験、言語分野と理数分野の記述型試験で構成されます。具体的には、言語分野は「文章を読んで意味をつかみ、内容を把握する力、更にそれを発展させる発想の豊かさ」を見る問題、理数分野は「資料や図表を読み取る力、基本的な数の扱い、論理的な思考力、判断力など」を見る問題です。この2つの問題で大切なことは、順を追って考えを進めていくことができるか、今まで学習したことを元に新たな展開が開けるか、粘り強く課題に取り組めるか、という点です。これらは、桐朋女子で大切にしているだけでなく、将来大人になってからも大切な資質です。● 口頭試問の流れ30名前後で、約30分間、授業やビデオ視聴、作業などを行い、いくつかの課題に答えてもらいます。試問室では、準備室での課題の答えと、その答えを導き出した過程の確認、さらに掘り下げた質問などを行います。準備室で取り組んだ内容についての対話と考えてください。準備室試問室● 筆記試験 筆記試験は、国語と算数の2教科について行います。両方とも、基本的なものから発展的なものまで出題されます。そして国語には記述式で答える問題が、算数には答えだけでなく途中の式を書く問題が含まれています。正しい答えが書かれているかどうかだけでなく、自分で表現する部分、考える道筋を大切にしたい。発展的な問題にも粘り強く取り組む様子を確認したい。筆記では、考えたその過程を文字で見せてください。入学試験26桐朋女子中・高等学校

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る