桐朋女子中・高等学校
26/36

中学でソフトの楽しさを体感し、高校では3色の学年が力を合わせ、目指すは文武両道と東京の頂点です。ソフトボール部競技の特性から身体接触も多いですが、練習を重ねながら身も心も強くなっていきます。ハンドボール部ほとんどが初心者からのスタートです。試合に勝つために必要な技術と体力を身に着けるため日々努力しています。硬式テニス部ボールをつなげることは、心をつなぐこと。部員の「和」を大切にして日々練習に意欲的に取り組んでいます。バレーボール部バレエからヒップホップまで様々なジャンルに取り組み、お互いに高め合って技術向上に励んでいます。ダンス部週4日の練習と年2回の合宿を経て、心身共に逞しく健やかに成長できます。楽しく、和気あいあいと活動しています。ソフトテニス部水泳部「限界突破」をスローガンに、互いが刺激し合い、個人と集団の力を高めるため日々トレーニングを続けています。陸上競技部中高合同で活動し、お互いを高め合っています。多くのOGが練習や合宿に参加する活気あふれるクラブです。バドミントン部通年屋内プールを使用できる良い環境の中で、学年を越えてお互いに切磋琢磨しながら練習に励んでいます。文化祭演技発表や個人の大会出場に向けて部員一同切磋琢磨し、日々技術向上を目指して練習をしています。新体操部中高合同で、日々充実した練習をつんでいます。初心者でも、大きく成長できるクラブです。卓球部普段は中高別ですが、合同練習もします。互いに励まし合い、チームスポーツならではの達成感を味わえます。バスケットボール部私達は中高合同で活動しています。剣道の最高段位である八段の先生をお迎えして日々稽古に励んでいます。剣道部運動部個人競技、団体競技、ともに技の向上を目指しながら心身ともに鍛えます。「個」の力が「集団」の力となり、また「集団」の力が「個」を支える原動力となります。32のクラブの中で各自が、先生やコーチの指導のもと、練習に励み、みんなと切磋琢磨する時間。クラブごとに受け継がれる伝統を守りつつ、学年の枠を越えたチームワークが築かれていきます。同じ時間を共有した仲間であるということ、それは生涯、大きな財産となって一人ひとりを支えます。クラブ活動 - 生涯の友となる仲間との時間 - 25桐朋女子中・高等学校

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る