桐朋女子中・高等学校
17/36

成績伝達/進路指導未来を切り拓く力を育む進路指導桐朋女子の進路指導の目標は、卒業後の人生を主体的に切り拓く人間を育てることです。受験学力の錬成や大学・職業の選択指導だけにとどまりません。ことばの力を育てることを意識した授業はもちろん、ホームルームや「総合の時間」、学校行事や部活動などあらゆる学校生活の計が、本校の進路指導です。変化の著しい未来の社会と人生に積極的に向き合うための「生きる力」も合わせた、総合的な人間力を育む教育方針で、進路指導を考えて実践します。発達段階に応じた進路指導のロードマップ● 職業レディネス・テスト●桐華賞(エッセーコンクール)● 校長面接● 高校カリキュラム説明会● 職業人(保護者)による講演会● 学力推移調査 ● 進路適性検査● オンライン英会話● 大学説明会● スタディサポート● 進研模試● 校内実力テスト● 高2・高3カリキュラム説明会● 大学を調べる進路企画● 職業理解説明会   ● 進路に向けたオリエンテーション● 大学説明会● スタディサポート(2回)● 進研模試● 表現サポート● 桐華賞(エッセーコンクール)● 卒業生に聞く進路企画● オンライン英会話● 英検、小論文等対策講座● 受験に向けたオリエンテーション● 進路希望調査● 進路面談(生徒、保護者)● 大学説明会● 総合学力マーク模試● 夏季受験対策講座● ベネッセ駿台模試● 河合全統記述模試● センタープレテスト・模擬体験  など中3ポイント主な内容高1高2高3社会に目を向ける将来の方向性を固める具体的な進路を切り拓く自己の適性を探る今後にむけて2018年度より、生徒一人ひとりの学校内外でのあらゆる教育活動の過程を「その都度」振り返り、これら「学校生活の計」をデータとして記録し「生きる力」の成長につなげる個人カルテ(ポートフォリオ)の構築を、今後の教育改革や入試改革に応じて始めていきます。高大接続改革に向けて桐朋女子は「教育の2020年問題」といわれる国の教育改革に、桐朋女子は次のように向き合います。(a)ことばの力を育成する「言語技術教育」、英語4技能重視への対応(例:米国夏季研修、ニュージーランド・ターム留学、英会話シャワー、オンライン英会話など)、各教科におけるアクティブ・ラーニング型授業やICT教育などのより一層の研究や実践を通して、思考力・判断力・表現力、主体性や協働性などを育み発信力を育てる授業を展開している。(b)学校生活の中で総合的な人間力をつける 「こころの健康 からだの健康」を学校全体のモットーとし、ABC各ブロックの目指す目標を達成できるように授業や課外活動を工夫している。個人発表やグループワーク、実験、見学、レポート作成などを通して培われる力、そして活発な学校生活で身につく力の総和こそ、桐朋女子の考える学力であり、教育改革のビジョンと重なる。新しい大学入試制度は、この総合力に光を当てるもの。本校の学校生活を大切にする姿勢は、まさに新しい入試につながる。16桐朋女子中・高等学校

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る