桐朋女子中・高等学校
14/36

13桐朋女子中・高等学校ことばの力をはぐくむ ~応用~少人数制授業・『論理エンジン』・「言語技術教育」を通じてことばの力の土台を築き、見学・実習・実験などの主体的、協働的な学びの中でその力を磨き、高めて、この応用段階に入ります。生徒は、ここまでに身につけてきたものを総動員して、より高度な内容に粘り強く取り組み、お互いに刺激し合う中で、新しい知見を得て、視野を広げ、理解を深めていきます。 高校1年までの授業を通して身につけた知識や教養、「言語技術教育」を通して身につけた、物事を論理的に考え、組み立て、伝える力を駆使して、世の中の様々な事象を分析し、その内容について効果的に発信する力を育成することを目指します。一部には英語での指導も取り入れます。「英語を使って何かを学ぶ」ことにより、実践的な英語力を養うことができます。日本語と英語を駆使して問題を解決する経験を重ねます。改革の進む大学入試への備えも万全です。デュアル・ランゲージ・プログラム ( DLP:Dual Language Program )● DLP 3つの柱 2 世界を読み解く力の育成~DLP外国語特別講座~ (高校2・3年 ノングレード 自由選択科目)(こちらについては帰国生・グローバルパンフレットをご覧ください。)※写真はイメージです● DLP 3つの柱 3 高度な英語発信の実践 取り扱うテーマは、人文科学系、社会科学系、自然科学・医療と現代社会で起きている事象を網羅しており、具体的には「若年層の非正規雇用」、「クールジャパン戦略は成功するか」などです。授業は、資料分析、ディスカッション、ディベートなど、主体的・協働的に取り組める形式で行われます。この授業こそ、現代の教育改革が進む大学入試・大学教育でも積極的に採用されている学びです。

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る