共栄学園中学校
5/20

Kyoei Gakuen Junior High School難関大学に合格できたのは、共栄に入学してから着実に学力アップできたおかげです!Special Interview共栄学園座談会中学では、最先端の現場で研究や活躍されている専門家をお招きして、2ヵ月に1回の講演会を実施しています。食の重要性や、中高生を取り巻くお金のトラブルなど身近な話題から、ロボットの基礎・JAXAによる宇宙の基礎とはやぶさ2・リニアモーターカーの科学など、大人が聞いてもわくわくする内容のものまでさまざまなジャンルのお話を直接お聞きします。東北の被災地で、ボランティアをされながらライブをおこない、被災者を励まされているミュージシャンによるライブもありました。この講演は生徒だけでなく、多くの保護者の方も参加されます。学校で聞いた話を、家庭で共通の話題として盛り上がって欲しいからです。講演の内容に刺激を受け、その道に進むリーダーが出てくることを私たちは願っています。Lecture meeting講演会はじめに、皆さん大学合格おめでとうございます。今日は、共栄学園での6年間を振り返って、いろいろな思い出話を聞かせて頂きたいと思います。まず、皆さんは中学校から私立に進学したのですが、公立中学校という選択肢もあったのに、なぜ共栄学園への進学を選んだのですか。A:塾に通っていたので、そこの紹介から私立を意識し始めました。A:自分は、6年間過ごすので部活でも勉強でも施設が充実していた点が大きかったかなと思います。A:説明会に来た時に校舎などがきれいでそこで決めました。A:学校見学会に来た時に雰囲気が良かったことです。A:家から近かったからです。私立への受験を考えたのはいつ頃からですか。A:小学校5年生からですかね。A:小学校4年生頃です。A:僕も小4、5くらいかな。A:僕は小5ですね。A:忘れてしまいました。共栄学園中学での思い出は、どんなことが印象に残っていますか。A:やっぱり北海道の校外学習かな。A:北海道で土笛とか作ったよね。A:硫黄山の卵がおいしかった!A:(3日間英語だけで過ごす)K-sepも印象に残ってる。英語の劇で3匹の子豚をやった。A:共栄祭で、高校生のお化け屋敷に行って泣いていた人もいた。A:(東京武道館での)体育祭も楽しかったな。ダンス踊ったの覚えてる。A:なんだかんだ普通の部活動とかでの楽しい思い出も多いよね。高校生になり、公立中学校出身の生徒と一緒のクラスになった時の感想は。A:すごく構えてしまったけど、大丈夫だった。A:少し焦りというか、刺激にはなったかな。A:公立からの人たちの方が、自分たちよりも勉強しているように見えて少し焦った。A:数学とか共栄は先取りしていた分、助かった。高校時代の思い出は、どんなことが印象に残っていますか。A:沖縄(修学旅行)でしょ!A:沖縄楽しかったな。A:美ら海水族館とか楽しかった。ジンベイザメの水槽がすごかった。A:ウミガメの放流も楽しかったな。A:沖縄でのマリンスポーツが良かった。A:横浜の校外学習もよかったな。A:あとは勉強合宿もいろいろなことが鍛えられた気がする。A:あの時には朝から晩まで勉強することが苦痛だったけど、(受験を経験した)今思うとあれくらい普通だよな。A:高2の終わりの時の集中勉強会もよかった。面談などもしてくれて、今後の勉強計画の見直しもすごく役立った。A:勉強会のおかげでスケジュールの立て方をしっかり教えてもらったのは大きかった。勉強の話に移ってきたところで、大学受験を振り返って、共栄学園での経験はどうでしたか。A:よかった。特に数学はよかった。授業もわかりやすかった。A:僕は塾も行っていたけど、基本的には学校の授業を中心に受けて、塾で整えるような感じでした。A:学校の授業は優しくもなく、かといって難しすぎもしない。ちょうどよかった。A:うん。授業には取り組みやすかった。A:放課後、進路指導室や教室に残って勉強するとき、進路指導室には先生かチューターの卒業生がいて、いなくても職員室に行くと教えてもらえた。A:卒業生チューターは身近な目標なのでよかった。A:Q&Aコーナーに行けば先生に教えてもらえるのはよかった。最後に、共栄学園での6年間を振り返って一言。A:いろいろあったけど良かった。これからも母校を大切にしていきたい。A:辛かった時も正直あったんですけど、全部終わってみるとそれもいい思い出かなって思います。A:結果的に文武両道を通せて、充実した6年間を送れたかなと思います。A:共栄にいることで、自分らしさを見つけられたと思います。A:勉強以外にもいろいろとお世話になり、志望の大学も先生に相談していなければ受けなかったと思う。これからはその恩返しをしていきたい。皆さん、今日はありがとうございました。04

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る