城北中学校・高等学校
8/28

61993年から中・高一貫教育に取り組んできた本校では、6年間を「基礎期」「錬成期」「習熟期」の3期に分けて連携させる独自の「3期体制」を構築。各期の間で生徒の発達段階に応じた目標を掲げ、一人ひとりの生徒が目標の達成に向かって努力し、成長を遂げられるよう指導を行っております。3つの扉で確かな学力を養う、ステップ城北の教育プログラム基本的な生活習慣の確立と基礎学力の定着Step1自律的・自主的な学習習慣と将来に向けた適性の発見Step2定期試験以外に年2~3回実施応用力を高める「校内実力試験」定期試験以外に、年2~3回ほど行われる、本校独自の実力試験が「校内実力試験」です。出題範囲が定期試験よりも広くなっていることと、応用問題の割合が多くなっている試験内容が特徴となっているため、生徒にとっては、日頃の学習姿勢が問われる試験です。Point生徒サポートシステム城北には生徒をサポートする2つのシステムがあります。Point基礎期Step 1Step 2中学1年基本的な生活習慣の確立少人数制教育と基礎学力の定着適性の発見と高校段階の学習中学2年中学3年Step 1Step 2基礎学力から、さらに応用できる力を養うと同時に、社会に目を向け、将来について真剣に考えます。各行事を通して幅広い視野を身につけながら自分自身を見つめ直し、将来設計をしていきます。基本的な生活習慣の確立と教科の基礎力を高め、共存に必要な思いやりを習得。その後、創造力や思考力を高めると同時に、コミュニケーション能力や多様性を受け入れる広い心を身に付けます。スクールカウンセラー生徒相談室勉強や友人関係が順調でない時、家族や担任・友人の励ましだけではなく、生徒相談室がサポートいたします。相談員は本校で長年勤めていた先生です。本校では臨床心理士が勤務しています。予約は、専用携帯電話に留守電か、電話かメールで連絡いただき、24時間365日受け付けております。

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る