城北中学校・高等学校
7/28

5Point1本校では、ICT(Information and Communicaion Technology)に関する環境整備に尽力しています。学習はもちろん、自然環境の問題、社会システムの構築なども、それらを進めていくには情熱が必要です。ICT機器はそのような情熱をかきたてるものであってほしいと考えます。また、問題解決には情熱を分かち合える仲間も不可欠です。そんな時、ICT機器は、場所や時間を超える強力なコミュニケーションツールにもなります。情熱を持ち仲間と共にチャレンジする時、ICT機器は必ずやそのチャレンジを支えてくれるはずです。グローバル社会を見据えていかなければならない今、真のグローバルリーダーの育成を目指し、他校にないプログラムを進めております。オーストラリアへの語学研修では事前・事後の研修を設けたり、高1では3ヶ月留学のプログラムも用意しています。また、国内留学「イングリッシュ・シャワー」を実施したり、ネイティブの先生と昼食を食べながら英語で会話する「イングリッシュ・テーブル」を行うなど、さまざまな角度からグローバル社会に対応できる人材の育成を目指しています。生徒用のCellular iPad Pro、Apple Pencil、Smart Keyboardを360セット整備。9つのキャリーカートに40セットずつに分けて、各教室に持ち込めるようになっています。授業中の接続トラブルもほとんど無く、校外学習や研修旅行でもフル活用することができます。全50教室あるホームルームクラスのすべてに、65inch BRAVIAとAppleTVを中心とするICTユニットが導入されています。iPadやMacBook Airなどを、シームレスに操作することが可能となっております。教室や職員室はもちろん、体育館や武道館、講堂など、校内の約100ヶ所にて、高速でインターネットに繋げられるワイヤレスのアクセスポイントを設置しております。どこでもいつでも、思いついた時に、インターネットを利用することが可能です。Cellular iPad ProApple PencilSmart KeyboardPoint265inch BRAVIAAppleTViPadPoint3aruba802.11aceverywhereオーストラリア語学研修(語学研修と異文化交流)Point夏休みを利用し、中学3年生と高校1年生を対象に語学研修(15日間)を実施。場所は、オーストラリア東海岸のゴールドコーストです。ホームステイをしながら、現地の大学にて語学研修や大学生とのディスカッションなどを行っています。また、異文化交流の一環として、現地の小学校やハイスクールも訪問。生徒同士で教室とは違ったコミュニケーションを楽しみながら学ぶことができるようにしています。さらには、休日のホストファミリーとの観光などからも多くのコミュニケーションを図ることができます。1毎学期に期末試験後の3日間を活用し、英語だけを使って3日間を過ごすプログラム「イングリッシュ・シャワー」を実施しています。対象は中1から高1まで。1グループ5~6名に対して英語ネイティブスピーカー講師が1名ついて、徹底的に英語の「聞く」「話す」「読む」「書く」を学びます。最終日にはそれぞれの学年に合わせた発表やプレゼンテーション、ディベートなども実施。集中して英語を学ぶため生徒たちも達成感を感じています。Point2イングリッシュ・シャワー(国内留学)

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る