城北中学校・高等学校
27/28

25本校の教育目標は「人間形成と大学進学」です。これは建学以来変わっておりません。人間形成とは、「社会に有為な人間の育成」「社会を支え、社会を導くリーダーとして活躍する人間の育成」です。そのためには、信頼される誠実さ、広い視野、優れた判断力と問題解決力、思いやり、優しさ、多様化を受け入れる広い心などが必要となります。これらは人間としての魅力、いわゆる「人間力」と言えます。近年のAI(人工知能)の進化は目覚ましいものがあります。しかし、AIでは解決できない問題、対応できない問題が多くあります。そういった計算式では弾き出せない難関に対峙できる力、乗りこえられる力こそ「人間力」だと考えています。その上で、人の心を動かすような魅力を備えてこそ本当の「個性豊かな人材」といえるでしょう。正門の横に、一本のヒマラヤ杉が大きく育っています。城北学園がこの地に根を下ろすことになった時、地元の人から寄付されたものです。つまり本校と同じ年月を育ち大樹に成長したということです。それを私は、いつも生徒たちと重ね合わせます。人生さまざまなことがありますが、このどっしりと成長したヒマラヤ杉のように、天にまっすぐ伸びる凜とした大樹に育ってもらいたい。そして我々はそれを助け成長させてあげたいと。また大樹の下には土の中で人知れず張りめぐらした根があることも忘れてはなりません。見えている大樹のようにしっかりと育った根があるのです。見た目だけではなく、見えない部分、中身の部分も大きく成長してもらいたい。それが本校の願いであり、大きな目標です。城北中学校・高等学校 校長小俣 力大樹のように[教育目標]人間形成と大学進学[校訓]着実 勤勉 自主

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る