城北中学校・高等学校
22/28

20企画立案、準備から運営まで、すべて僕らが一から創り出す。先生が見守る中、運営はすべて生徒で行います。当日の混雑を予測し、出店の配置を考えたり、大きな企画に関しては、外部の大人の方々との交渉ごとまで一つ一つクリアしていかなければなりません。僕らの準備がおろそかになると文化祭が成り立たない。文化祭の成否は僕たちにかかっている。大きな責任のある仕事だと思います。文化祭が近づくと夜遅くまで先輩後輩たちと準備に没頭するのですが、あの時間は、何も話さなくても、全員が大きな連帯感に包まれているようで、忙しいのに嬉しいという不思議な感動があります。ですので、準備も滞りなく終わりいざ本番となって、その文化祭が成功した時の喜びはまた格別ですね。自主性を重んじる城北ならではの活動ではないかと自負しています。文化祭高校1年内田 優音文化祭実行委員会気になったことはどこまでも調べたくなるそれを評価してもらえる自由研究は大好きです。小学校の頃から夏休みの自由研究は大好きでした。まさか、中学や高校でもそれができるとは思いませんでしたので、最初に知った時は嬉しかったですね。僕の場合、理科の学習というよりも、自分が気になったことを徹底的に調べたくなるというのが、いつも自由研究の始まりなのですが、それを評価してくれたのには驚きましたし、また頑張ろうという気にさせられました。初めてプレゼンテーターに選ばれた時は、嬉しいと同時に発表するということに緊張感もありましたが、実際にやってみると、調べている時以上の達成感がありました。コツコツ調べ物をするのも楽しいですが、人の前でいかに表現するか、どうすれば伝わるのかを考え発表することで、新たな喜びを教えてもえたと思っています。中学3年内野 文敬※自由研究発表会は中学生のみ開催です。城 北学園生活自由研究発表会

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る