城北中学校・高等学校
20/32

20 僕が考える城北学園の特徴は、授業と休み時間にメリハリがあり、集中して授業に取り組むことができる、そして誰もが文武両道を実現できるということです。まずは、メリハリについてです。授業の始まりに「静座」という半眼の状態で静かに呼吸をする時間が設けられており、休み時間でふざけていた気持ちをリセットし、集中して授業に取り組むことができます。このため、中身が濃く、とても意味のある授業になると思います。 次に、文武両道についてです。城北は、毎日といっていいほど小テストがあり、毎日勉強をする習慣がつきます。部活が終わった後に勉強するのは、なかなかハードですが、心身ともに充実した日々を過ごせると思います。また、定期試験一週間前になると、部活が休みになるため、勉強に集中して取り組むことができます。また、図書館に自習室が設けられているため、静かで集中できる環境で勉強することができます。このように、城北は、文武両道を実現できる環境が整っています。 城北は、メリハリがあり、文武両道を実現できる、とても充実した日々を送れる学園です。皆さんも、このような城北学園で過ごしてみませんか。 城北では部活の環境,備品設備などが充実しています。例えば、私の所属している百人一首部では。静かな教室、畳、札を読んでくれる機械などがあります。また,中学生も高校生も一緒に活動し、お互いに教え合い切磋琢磨しています。このため中学生と高校生の距離が近く、気軽に話すことができます。百人一首部は人数が少ないですが、それだけ先輩後輩の仲が良く、遊びに行ったりもします。 勉強面でも、定期テストの一週間前は部活ができない期間になっているため、部活にうちこみすぎて勉強を怠ってしまう心配がありません。また、英語・数学などの主要教科では、小テストや演習プリントが頻繁に配布され、勉強に対する意欲や習慣が自然と身につきます。 これらの点を見ても城北は、部活面においても、勉強面においても、お互いを高め合うことのできる好敵手と呼べるような仲間に出会えるところです。 城北の他にはないメリットの一つに先生方の面倒見の良さがあります。生徒一人一人に対して面と向かって真剣に向き合ってくれる熱い先生方が多くいらっしゃいます。そのため勉強や部活のことに限らずちょっとした悩みなどについても気軽に相談することができます。先生が生徒を信頼し、生徒もまた先生を信頼しているという環境が城北の何よりの強みです。また、多様な実験やネイティブの先生、iPadや大型テレビなどを取り入れることで、受験勉強のための授業だけではなく、自主的に物事を考え、自分の言葉で表現し、他に発信する力を養う授業を受けられるのも特徴の一つです。先生からのアドバイスは的確でわかりやすく、生徒が主体となって授業が進むので、積極的な雰囲気の中で楽しみながら学ぶことができます。是非、仲間や先生と共に充実した6年間を、この城北で過ごしてみませんか。心身ともに充実していますよき友ができました小部航太朗〈中3・陸上競技部〉MessageMessageMessageStudent 01Student 02Student 03柳澤伸幸〈中3・百人一首部〉先生方が熱いです夕田 潤〈高3〉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・No.Date 在校生メッセージ

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る