聖学院 中学校高等学校
9/26

聖学院教育の3つの柱 × 思考力■ 中1国語×スキット■ 中3公民×クエストカップ全国大会出場■ 中2技術×レゴ®マインドストーム■ 高Ⅱ現代の社会×第二東京弁護士会読解力を磨くために演技を用いる社会課題にグループで解決策を考える4つの思考力を鍛える議論を積み重ね、最適解へ導く『少年の日の思い出』をスキット(寸劇)で表現しました。演じるためには人物像を正確に捉える必要があります。生徒たちは何度も読み返すことで細かな表現に宿る人物像を探り出していきます。仲間と意見を交換して作ったスキットは創意工夫が見られ、新たな気づきが生徒たちを作品世界へと誘っていきました。「人間と機械の融和」「食糧難への解決策」など現代の社会で解決できていない社会課題に対してグループで話し合い、自分たちなりの解決策を考えます。全国で約100校、約15,000人が参加。高校生の参加が多い中、本校では中学生が参加し、3年連続全国大会に出場しています。レゴマインドストームを使って、プログラミング学習を実施。失敗や試行錯誤を積み重ね、4つの「論理的・創造的・批判的・協働的」思考力を鍛えます。2人1組で取り組むことで、より良い手法はあるか、成功したがこの現状でいいのかなど、仲間と共に探求することの大切さと奥深さも学びます。第二東京弁護士会と協働し、校内で民事模擬裁判を実施。「校内で高価なヴァイオリンが壊れてしまった」という事例を議題に、ロールプレイ形式でそれぞれの立場になって考え、意見や見解を主張します。弁護士の方からアドバイスを頂きながら、合意形式の難しさや、リーガルマインドについて学びます。授 業実践例(2017年度)フューチャーセンター3教室分の広さを誇るフューチャーセンターは、8面の大型スクリーンを擁した都内最大級のアクティブラーニング専用教室です。8

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る