立教池袋中学校・高等学校
5/36

本校は米国聖公会ウイリアムズ主教が「聖書」と「英語」を教えるために建てられた学校です。キリスト教主義を土台に「テーマを持って真理を探究する力」と「共に生きる力」を育て、家族や友人の愛に感謝しつつ、一人ひとりに与えられている能力を発揮し「平和」を愛する人間を育てています。グローバル社会と言われる今日、国や文化を超えてどんな人とも協調共感し、広い視野を持った生徒の育成に努めます。そのために、コミュニケーション力を重視した英語教育に力を入れています。少人数教育のなかで、きめ細かな生徒指導をさらに充実していきます。他者に共感する力を育み、人生の土台を築く校長 鈴木 利彦校長メッセージ1951 (昭和26)年1960 (昭和35)年1970 (昭和45)年1976 (昭和52)年1996 (平成8)年1999 (平成11)年2000 (平成12)年2012 (平成24)年2013 (平成25)年2014 (平成26)年学校法人立教学院設置認可(財団法人から組織変更)立教中学校は「立教池袋中学校」と改称し、「立教池袋高等学校」を併設立教高等学校は「立教新座高等学校」と改称し、「立教新座中学校」を併設ウィリアムズ主教が築地に立教学校を開いてから140周年を迎える立教池袋中・高、1学年4クラス制に立教池袋中・高、新教室棟とポール・ラッシュ・アスレティックセンター(総合体育館)の利用を開始中学校設立100周年礼拝を行う立教高等学校、選択制度を始める立教中学校、教育改革の一環として「選科」(選修教科)発足「認定制」の導入立教池袋中・高、新校舎落成立教池袋中・高、週6日制に高等学校、新座に移転『立教中学校100年史』他参照RIKKYO IKEBUKURO SCHOOL GUIDE 20195

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る