立教池袋中学校・高等学校
22/36

キャリア教育将来、社会人・職業人として社会で生きていくための基礎的な態度と力を発達させることを目的としたプログラムです。社会人に接することで、ライフデザインとしてキャリアをとらえ、自分の人生を考えるきっかけにします。グループごとに職業インタビューを行い、ポスター制作とプレゼンテーションで成果を共有します。高校1年 キャリア学習職業を通して人生を考える4月上旬オリエンテーション●プログラム概要説明●事前学習課題内容の提示業種アンケートの実施アンケート結果によるグループ分け4月中旬各グループからインタビュー訪問職種希望先摘出5月初旬事前学習課題提出外部講師によるインタビュー方法のレクチャー特別プログラム1日目5日間のオリエンテーション外部講師による基調講演2日目立教大学教員による特別講義グループごとにインタビュー内容チェック3日目グループごとにインタビュー実施4日目ポスターセッション・プレゼンテーションに向けたまとめ作業5日目ポスターセッション・プレゼンテーションの実施プログラム振り返り事後感想提出報告書やまとめをインタビュー先にお礼状とともに送付自ら学び考える力を養い、 神田 雄太郎さん高校1年職業インタビューでは、何事にも「好奇心」「興味」「楽しさ」「やりがい」「苦労」が大切だと教えていただきました。希望する職業に就くためには、学生時代を有意義に過ごすことが重要で、基礎を大切に学んでいこうと思いました。自分の現状や進路について考える良い機会となり、幅広い視野と柔軟な思考力を持って、適応力をつけたいと思います。学生時代は社会人になるための大切な準備期間Student's Voice事前学習として、自分が興味ある職業(業種・職種)などについて調べる業種ごとにグループを作り、その業種に就いている人に直接インタビューして、価値観・仕事観・人生観などを知るインタビューの内容やその業種についてのポスターセッションやプレゼンテーションを行い、全体で共有するPoint1Point2Point3スケジュール22

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る