立教池袋中学校・高等学校
19/36

本校では生徒の自主性を重んじる教育を行っています。生徒それぞれの個性に合わせて学べるように、選修教科や選択講座という仕組みがあります。自分の得意分野を伸ばし、神さまから与えられた賜物を磨いていけるよう、学校全体で支援していきます。自由選択講座国語演習会計学音楽American&British English国語表現Ⅱ異文化トレーニング書道Advanced English古典講読法律スポーツ科学概論The Bible in English国語基礎国際関係文化人類学Life Topics古典研究福祉英検ADebate社会学 行列英検B英文購読政治学数学ⅢTOEICⅠフランス語観光 統計解析入門TOEICⅡドイツ語経営学化学TOEFLスペイン語経済統計 生活と科学English Conversation韓国・朝鮮語歴史学地学Discussing News合計43講座高校のカリキュラムには幅広い選択授業があり、なかでも本校の特長は高校3年生で受講できる計10単位の自由選択講座です。およそ40講座から5講座を選びます。なかには、立教大学の教員による講座も開講しています。また自由選択以外にも高校1・2年生の美術・音楽の選択授業などの選択科目があります。自分が学びたいことを探究する高校生 選択講座■ 2016年度講座一覧(高校3年生)キャリア学習「キャリア学習」は、高校生活をスタートする5月に実施します。長い人生において高校生は人生の夜明けに位置します。自分を振り返りながら、これからの高校生活、さらに自分の人生をどのように価値あるものとして生きていくのかを考える機会としています。キャリア学習では「職業・仕事」について事前に調べ学習を行った上で、実際に働いている人々へのインタビューを行います。最終的にその内容についてプレゼンテーションを実施し、より深い理解を目指します。「TOEIC週間」では、高校3年生が日頃積み上げてきた英語力をさらに磨いていきます。資格や検定は学習の最終目標ではありませんが、自己の取り組みを客観的に社会にアピールする手段として役立ちます。講師によるTOEIC受験に向けての準備、字幕なしでの洋画鑑賞、さらには本校オリジナルの速読ドリルや英語でのリサーチ・プレゼンテーションなどを通じ、大学やビジネスで求められるスピード感溢れる英語運用能力の涵養を図ります。高校1年生の特別プログラムの一つに、立教大学教員による特別講座があります。各学部から一人ずつ教員が来校し、専門研究の内容がどのようなものか、なぜその研究が必要かなどについて、経験談を織り交ぜて、わかりやすく話してくれるというものです。これをきっかけに大学の志望学部が決まったり、問題意識を持ちはじめたりする生徒が多くいます。大学進学が内部推薦で行われる本校では、学部説明と並んで重要な進路指導の時間になっています。高校1年生 キャリア学習高校3年生 TOEIC週間大学教員による特別講座本校では、高校3年生で立教大学の科目を受講することができます。受講した科目は自由選択講座として本校の卒業単位になると同時に、立教大学に進学した際の卒業単位としても認定されます。生徒とはいえ大学生と同じように授業に参加し、演習を行います。ある生徒は「常に気を引き締めていないとノートを取り逃がしてしまう」と語っていました。評価については大学の教員が行いますが、本校の教員も丁寧にバックアップします。例年10名程度が受講しています。立教大学特別聴講生制度1718RIKKYO IKEBUKUROJUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOLSCHOOL GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る