立教池袋中学校・高等学校
15/36

中学校1学年2学年3学年高等学校1学年2学年3学年理 科■ Characteristics of LearningSCIENCE6年間の授業内容授業科目名「第2分野 植物の生活と種類」「第1分野 物質のすがた」「第1分野 身近な物理現象」「第2分野 大地の変化」の順で学びます。理科Ⅰでは「化学変化と原子・分子、電流とその利用」について学習します。電流では、独自の個別学習テキストを使用します。理科Ⅱでは「動物の生活と生物の進化」「気象のしくみと天気の変化」について学習します。進化では博物館の見学も実施します。理科Ⅰでは「化学変化とイオン」「運動とエネルギー」「科学技術」について学習します。運動では本校独自の個別学習テキストを使用します。理科Ⅱでは「生命の連続性」「自然界のつりあい」「地球と宇宙」「自然環境と人間」について学習します。中学での発展学習を踏まえた授業展開です。生徒実験を多く取り入れます。どちらもハーフクラスでの授業展開で、生徒実験を多く取り入れます。化学基礎Ⅱは、化学基礎の学習を補い、次の化学へ踏み込む内容です。理系学部への進学を考えている生徒は、必修選択で物理もしくは生物を履修します。また自由選択で化学を履修することができます。生活と科学は、文系学部志望者にも生活に密着した科学技術などについて学習できる内容です。理科理科Ⅰ理科Ⅱ理科Ⅰ理科Ⅱ生物基礎化学基礎物理基礎化学基礎Ⅱ[必修選択]物理生物[自由選択]化学生活と科学地学実験の質・量が本校の理科の一番の特長です。探究力を育てる場として、サイエンスの魅力を生活に根ざした視点で感じ取れるようにさまざまな実験が組み込まれています。なかでも個別学習は独特で、生徒たちは10時間以上にわたって自分のペースで連続して実験を繰り返します。真理とは何なのか、それをつかむためにはたくさん悩み、失敗する場を提供することが大切だと考えています。吉田教諭不思議なことの本質にせまる力を養う実験・観察を多く行うことで、本物に触れる機会を増やし、探究する姿勢を身につけ、自然の事象への理解を深めます。中学ではバランスよく学習し、個別実験学習では生徒自ら実験を組み立て、自然の法則を導き出します。高校でも実験・観察を多く取り入れ、教科学習から日常生活で目にする科学現象についての興味と理解を深めます。1314RIKKYO IKEBUKUROJUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOLSCHOOL GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る