立教池袋中学校・高等学校
14/36

中学校1学年2学年3学年高等学校1学年2学年3学年社 会■ Characteristics of LearningSOCIAL STUDIES6年間の授業内容授業科目名地理的分野、主に世界の自然地理学、北アメリカ・ヨーロッパ・東アジア・東南アジアの地誌、日本の系統地理を扱います。歴史的分野、主に世界史(原始~古代)、日本史(旧石器~江戸時代)を扱います。歴史的分野(主に中世~近代の世界史)、公民的分野(主に民主政治の原則と日本国憲法、基本的人権、統治機構)を扱います。世界史Aでは近現代史(イギリス産業革命・フランス革命~)を扱います。現代社会では中学3年生の公民に引き続き国際政治、現代の経済社会、国際経済、倫理を扱います。日本史Aでは近現代史(江戸時代末期~)を扱います。地理Aでは、グローバル化のなかでの貿易、地域統合、東南アジア・南アジア・西アジア・アフリカ・南アフリカの地誌を扱います。大学の学部教育への入門的な位置づけとして、学部に対応した必修選択5科目を、また、より専門的な探究のため自由選択11科目を開講しています。社会社会社会世界史A現代社会日本史A地理A[必修選択]地理B、日本史B、政治・経済&倫理(法律・政治)、政治経済&倫理(経済)、政治・経済&倫理(社会学)[自由選択]11科目この世の中でどのように生きるか生徒にテーマと判断材料を提供し、なおかつ主体的に社会を作り上げる「市民」としての自覚を生徒が持つことを目標としています。カリキュラムは中高一貫校ならではの「6年間」を念頭に置いて編成した本校独自のもので、学習内容について時間をかけて詳しく学びます。授業では資料の分析、推論、議論、発表などの活動も重視し、主体的に真理を探究する姿勢を身につけます。また、中学生は自由研究、高校生は卒業研究論文の作成とその発表に向けて、研究の手法、まとめ方、プレゼンテーション能力を養います。高校3年生の必修選択・自由選択では大学の学部・学科に対応した科目を幅広く設け、大学教員・専門家などを講師として招き、専門性の高い授業を展開しています。教科教育の主体的・実践的な学びの場として学内のボランティア活動を位置づけており、これに積極的に取り組んで市民性を養う生徒も見られます。重原教諭社会を主体的に捉え、論理的に導く力を伸ばす地理、歴史、政治・経済、倫理を有機的に組み合わせ、図表や映像を駆使した授業展開のなかで、発見し、考え、議論し、発表する力を養い、社会のなかでどのように生きるかを見据えます。13RIKKYO IKEBUKUROJUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOLSCHOOL GUIDE 201814

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る