立教池袋中学校・高等学校
13/36

数 学■ Characteristics of LearningMATHEMATICS中学校1学年2学年3学年高等学校1学年数学Ⅰ数学A2学年数学Ⅱ数学B3学年6年間の授業内容授業科目名「正負の数」、「文字と式」、「方程式」、「比例と反比例」、「平面図形」、「空間図形」、「資料の散らばりと代表値」、「不等式」を学習します。「式の計算」、「連立方程式」、「1次関数」、「平行と合同」、「三角形と四角形」、「確率」を学習します。「多項式」、「平方根」、「2次方程式」、「関数y=ax2」、「相似な図形」、「三平方の定理」、「円」、「標本調査」を学習します。数学Ⅰでは、「数と式」、「集合と論証」、「2次関数」、「図形と計量」、「データ分析」を学習します。数学Ⅱでは、「方程式・式と証明」、「図形と方程式」、「三角関数」、「指数関数・対数関数」、「微分と積分」を学習します。数学Bでは、「数列」、「ベクトル」、「確率分布と統計的な推測」を学習します。全て自由選択科目となります。数学Aでは、「場合の数と確率」、「整数の性質」、「図形の性質」を学習します。数学数学数学[自由選択]数学Ⅲデータ分析入門行列本校の数学では、自らの課題を把握し、解決できる力を養います。自分にとっての課題は何か。例えば、今まで以上に速く正確に計算をしたい、苦手な数学を克服したい、もう少し難しい問題も解けるようになりたい、テストでよい点を取りたい、などさまざまです。それぞれの課題を解決していくなかで、コツをつかむことでうまくいく場合もありますが、一つの課題に何年もかかることもあります。いかに自分の課題を解決するか、自ら考え行動できることが必要になってきます。そして、課題を把握し、諦めず根気強く取り組むことができる力をつけていきます。数学の問題でも、解く過程で複数の見方や考え方があり、個性といった違いや面白さも表れます。それゆえに、自分の考えを相手に伝えることは難しく、的確に伝えるためには、その問題に対して自分のなかに曖昧な部分があってはならないのです。まずは、自己との対話からその問題を理解し、納得することからはじめましょう。伊藤教諭分析し、論理的に解決する楽しさを体験する教科書だけでなく、あらゆる視点から問題を見ることができる授業を目指しています。根拠に根ざした理解ができるよう、筋道を立てた説明や証明ができる力を身につけます。もちろん基礎的な計算力や問題を数量的に処理する力も大切です。なぜだろうという疑問を持ち、興味を持たせる授業を心がけています。1112RIKKYO IKEBUKUROJUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOLSCHOOL GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る