城西大学附属 城西中学校
3/48

100年目を迎えた〝共育〟の伝統2018年、創立100周年を迎える城西は、「共に学び、高め合う」ことを大切にしてきました。さまざまな課題や問題に対して、皆で取り組み、知恵を出し合い、力を補い合うことで解決を目指す。主体的に多様な人々と協働していく過程で、個々の思考力・判断力・表現力もまた磨かれていきます。共に学び、高め合う。6年間を通じて実践する「個に応じた」指導「成長」には自分自身の努力が欠かせません。自分の力で、自分の力を伸ばすことが成長だからです。だからこそ私たちは、生徒の能力ではなく、成長力に着目しています。学びの意欲を引き出すように、何かに挫けたときは支えとなれるように。一人ひとりを近くで見守り、サポートする「個に応じた指導」を実践する。これが城西教育の伝統です。自ら伸びる理由がある。城西には、「天分の伸長」「個性の尊重」「自発活動の尊重」の3つの建学の精神と、「報恩感謝」の理念が掲げられています。生徒の才能や素質、学力など人間教育の軸となる部分を伸ばす環境が整っています。教員と生徒、生徒同士の人間関係の安定を図り、学級編制にも配慮。しっかりと土台作りをした上で個性を尊重していきます。城西での学び・生活を通して社会貢献できる人材を育んでいきます。天分の伸長個性の尊重自発活動の尊重建学の精神報恩感謝教育理念さまざまな人から受けている恩に感謝し、報いるために、「今できること、やらねばならないこと」に全力で努力する02School Guidebook

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る