城西大学附属 城西中学校
23/48

体験重視・本物主義の教育●教科書だけの学びではなく、『本物』に触れることで知的好奇心を刺激します ●「なぜ?」「もっと知りたい」に答える体験によって学びの意欲を喚起します学園設立当初から、生徒と教員が協働しながら学ぶ機会を多く設けてきた本校ならではの伝統を活かし、体験型の学習を各教科で導入しています。自ら手を動かして実験したり、本物に触れることで、楽しさを実感。机上の学習では苦手意識を持ってしまいがちの科目にこそ、実習を多く取り入れて、学びへの好奇心につなげていきます。坂本 純一(理科)知的好奇心を刺激する指導のポイント●中学3年間で行う実験・観察は100以上!(体験学習の例)生  物化  学物  理地  学校外学習近隣の公園に出かけ、植物とそのつくりを観察する酸化銀を加熱して銀と酸素に分解する落下する物体の加速を打点タイマーを用いて観測する透明半球を使って太陽の日周運動を観測するJAXA筑波宇宙センター、JAL機体整備場、理化学研究所、博物館、工場等を見学します水中植物に光を当て、光によって光合成が進むことを確かめるガスバーナーを分解し、その構造を考えるコイルに電磁誘導を起こし、電流と磁界の向きの関係を調べるラジオの気象通報を聞いて天気図を作成する22School Guidebook

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る