城西大学附属 城西中学校
22/48

JOSAI Future Global Leader Program【学習指導の特色】基礎学力語学力国際感覚PIL型学習 〔Peer Instruction Lecture〕●生徒同士が教え合いながら理解を深めるPIL型学習を展開しています ●ワークショップ・ディスカッション・ディベートなども取り入れています課題に対して生徒が意見を交換しながら、適切な答えとその理由を導き出していくスタイルの学習法を、各教科で導入しています。すべての生徒が意見を述べることができるように、事前にワークシートに書き込み、各自が自分の考えをまとめたうえで発表することで、思考力と発信力を養うと同時に、お互いの意見を認め合う協調性も育みます。伊東 美香(国語科)指導のポイント●PIL型学習の実践例学校CMを制作しよう!定期試験の予想問題を作題しよう!反転授業校外学習に向けての事前学習「欲望とは何か」を議論し、購買意欲を向上させるためには何が必要かを考えます。深い理解度がなければ、作題はできません。生徒たちが協力して模範解答まで作ります。従来型の授業で学ぶ基礎内容を事前に予習させておくことで、授業ではより深い内容まで取り上げることができ、積極的な発言ができるようになります。iPadを用いてグループの行動計画表を作ります。お互いに意見を出し合いながら、その土地の歴史や地理的事象についての知識を増やしていきます。知的好奇心を刺激する21Josai Junior High School

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る