日本大学第二中学校高等学校
9/28

理科 本校の理科教育は、物理・化学・生物・地学の4科目をバランスよく学習することと、実験を通して五感を使って体感することで考察力や論理的思考を伸ばすことを目標としています。高校2・3年生では、各自の進路に応じた科目を選択して学習します。女子の理系志望者が多いのも特徴です。考察力と論理的思考を伸ばす理科総合学習 「キャリアガイダンス」では、各分野で活躍するエキスパートの講演を聴き、自分が将来、社会でどのように活躍し、貢献したいのかを考えます。そして、実現のために何を習得・研究すべきか知る機会として、各大学の教職員による「大学別ガイダンス」があります。多彩な進路行事を通して進路の焦点が絞られていきます。充実した進路ガイダンス地歴公民 中学で身につけた基礎的な学力を基に、高校ではさらに専門的知識を習得しつつ、思考力、判断力、表現力を育成します。高校2年からは自らの興味や進路に応じて科目を選択し、高校3年では大学受験に必要な学力を養いつつ、各人の興味関心を高め、自ら学びたいという知的好奇心の育成に力を入れています。人類の福祉に貢献する力をもった社会人たれ高1行事 高校に入学して最初の行事が1年生全員で宿泊するこの高1行事です。クラスごとのミーティングを通じて付属中学出身者と他中学からの入学者がうち解けあい、新しい仲間との高校生活がスタートします。スタートはお互いを「みとめあう」こと体育大会 高校の体育大会は6月に行われ、新しいクラスの結束が一気に強まります。高校3年生の「ニ高音頭」は半世紀以上の伝統があり、浴衣姿で舞い踊って体育大会を締めくくります。3年生全員が浴衣姿で踊る「ニ高音頭」修学旅行 高校の修学旅行は沖縄本島と石垣島へ行きます。本島では真っ暗なガマで過去の悲惨な地上戦に思いを馳せ、石垣島では自然と文化に触れて平和を実感します。沖縄の「光と陰」を体感する貴重な経験です。沖縄の光と陰を体感卒業生に聴く 卒業生が合格体験談や大学の様子について講演をします。先輩のお話は、いつも先生から聞く話より親近感と実感が湧くのか、この行事の後、受験勉強に本腰を入れ始め「覚醒」する生徒が毎年多く見られます。先輩が伝える受験の心構えSchool GuideBook 2019|08

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る