日本大学第二中学校高等学校
7/28

理科の実験 理科校舎を活用し実験の機会を多く設けています。最初の授業では実験器具をまず分解して組み立てることから始め、実験の心構えを身に付けていきます。見る・触る・嗅ぐことが理科への興味と関心を深めます。五感を使って体感することから始まる修学旅行 中学の修学旅行は広島と京都・奈良へ出かけます。被爆地・広島では平和学習を班別自主研修の形式で行い、京都・奈良では歴史と伝統に触れ、教科書の内容が自分自身の経験となって染みこんできます。平和学習とわたしたちの旅弁論大会 クラス・学年の予選を経て選ばれた生徒が中学全生徒の前で自分の意見を述べます。人前で話すことはとても緊張しますが、きちんと自分の言葉で話して耳を傾けてもらう経験は大きな自信につながります。みんなの前で自分の「ことば」を発する国語 人間は「ことば」を使って思考しています。国語の学びは、「ことば」を深めて思考を磨き、行動を洗練させ、豊かな人生を形づくることにつながります。語彙力・分析力に支えられた深い読解は、豊かな自己表現と表裏一体です。授業でのコミュニケーションを通じて、自分の「ことば」を深化させましょう。「ことば」を深化させよう英語 教科書・演習・英会話の授業を通し、 読む・書く・聞く・話すの4技能をバランスよく鍛えます。3つの授業を体系的に行うことで、 繰り返しによる基礎の定着と高度な知識の伸長を徹底します。英会話は日本人教師と外国人講師による少人数制です。使う場面を意識させる教材や活動等を効果的に導入しています。実践的なコミュニケーション能力を数学 授業では、基礎的な知識や計算力などの土台作りを徹底していきます。その上で、新しい発想を大切にし「相手に伝わる解答」作りを目指します。多くの演習を通して、問題が解ける喜びや数学の楽しさを味わうとともに、解法を模索する力を付けて、実社会で通用する論理的思考力・判断力を育んでいきます。解法を模索する喜びと楽しみを体育大会 中学の体育大会は10月の爽やかな秋空のもと、校内の人工芝グラウンドで行われます。ふわふわの人工芝は転んでも痛くないので10人11脚も恐れることなく皆で全力で走りきり、信頼と結束が深まります。紅白対抗で築くタテ・ヨコの絆School GuideBook 2019|06

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る