日本大学第二中学校高等学校
26/28

Q推薦入試の出願資格ならびに合格者決定方法を教えてください。A出願資格は、次の3項目の条件を満たし、中学校長の推薦のある者です。①東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の国公立中学校を平成31年3月に卒業見込みの者。②本校への入学を第一志望とし、心身ともに健全で学習態度・生活態度等が優れ、合格者として決定された場合、入学を確約 できる者。③中学3年次の評定合計点が9教科・5教科のいずれも、下記条件を満たしていること。9教科5教科(国・社・数・理・英)35以上20以上※各教科の評定は、公立高校出願時の中学3年次成績とします。合格者決定方法は、9教科評点合計に作文点(最大2点)を加え、さらに、検定試験の有資格者には基準に基づいて加点、序列点を作成します。この序列点と書類審査・面接の結果を踏まえ総合判定しています。Q検定試験の資格に対する優遇措置はありますか。A推薦入試のみ、英語検定、漢字検定、実用数学技能検定、語彙・読解力検定の4つの資格で、準2級以上の有資格者を合格者決定時に優遇いたします。準2級:各1点、2級:各2点、準1級以上各3点Q推薦入試はどのような試験が課せられるのですか。A作文(60分・600字)と面接(10分)です。作文の題は試験当日発表します。《最近の題》平成28年度『自分がこれだけは守りたいと思うこと』平成29年度『わたしにとっての「やさしさ」』平成30年度『高等学校で何を学びたいか』面接は、個別面接で受験生1名に対して面接者2名で行います。志望理由、入学後の抱負や将来の目標などを質問します。Q推薦入試で不合格になった場合、一般入試での優遇措置はありますか。A推薦入試で不合格になった受験生が、一般入試でA志願した場合には、A受験者全員の3教科合計平均点の15%(少数第1位は切り捨て)を加算いたします。なお、この場合の受験料は15,000円になります。Q一般入試の面接試験はどのような形態で行われますか。また、どのような質問をされますか。AA志願・B志願ともに、受験生2~4名に対して1名の面接者によるグループ面接の形態で行い、志望理由、入学後の抱負、 部活動などについて質問します。面接時間は約5分です。Q第1回入試と第2回入試の両方を受験した場合、優遇措置はありますか。A正規合格者決定の際には差はありません。ただし、繰り上げ候補者を決定する際、得点が同点である場合には、第1回・第2回の両方に出願している受験生の繰り上げ順位が上位になります。Q第1回入試と第2回入試の両方の出願手続きをして、第1回入試で合格した場合、第2回入試の受験料は返還されますか。A第1回入試で合格し、入学手続きをされた受験生は、所定の手続き終了後に第2回入試の受験料(15,000円)を返還いたします。中学校入学試験Q&A高等学校入学試験Q&A※下線部は31年度入試より変更その他のよくある質問に関しては、ウェブサイトをご覧ください。25|e Second Junior and Senior High School of Nihon University

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る