女子美術大学付属高等学校・中学校
6/44

100周年記念 大村文子基金 〈女子美美術奨励賞〉大村文子基金は、大村智さとし名誉理事長夫妻の多大な寄附を基に、平成12(2000)年に女子美術大学創立100周年を記念して、在校生、卒業生の美術活動、制作・研究活動の奨励を主な目的として設立しました。付属生には、高等学校3年生2名(P5)、中学校3年生1名(P8)に授与しています。卒業制作展100周年記念 大村文子基金 〈女子美美術奨励賞〉 東京都美術館で平成30年3月2日(金)から7日(水)まで開催された卒業制作展「JOSHIBISION 2017」の中から絵画コース、デザインコースの最優秀者2名に授与されました。高等学校3年 石田 かおる私はこの学校で美術を学べたことに、本当に感謝しています。そして好きなことを続けられることが、どれほど幸せなことかと気づきました。どんな時でも見守り背中を押してくれた家族、くじけそうな時に励ましあった友達、自信を持っていいんだと教えてくださった先生方は、私にとってかけがえのない存在です。これからも女子美付属での思い出を心にしまい、たくさんの試練を越え、成長していこうと思っています。高等学校3年 関口 宏美女子美付属での生活は、毎日がとても色濃く充実していました。美術や書道の制作では、行き詰まって不安になることもありましたが、先生方や友達、家族の支えによって乗り越えられた時の達成感や楽しみながら作ることの大切さを知ることができました。支えてくださった多くの方に、心から感謝しています。この気持ちを忘れず、これからは周りの人も自分も笑顔に、幸せな気持ちになれる作品ができるよう、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。絵画コースデザインコース高等学校作品題名 寝室素材 キャンパスに油彩サイズ F100 130×160 cm作品題名 はじまり素材 ミクストメディアサイズ 170×130×100 cmART GALLERYでは「100周年記念 大村文子基金 〈女子美美術奨励賞〉」はじめ、自己実現を目指した成果を紹介します。ART GALLERYJOSHIBI HIGH SCHOOL OF ART AND DESIGN 5

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る