女子美術大学付属高等学校・中学校
41/44

[モチーフ]パスタ缶りんご紙袋[ 講 評 ] [ 講 評 ] [ 講 評 ] 画面に相応しい安定した構図のデッサンです。モチーフの形がよく描かれ、個々の質感も追求していることが分かります。りんごなどは重量感や固有色の赤を感じさせ、画面に説得力を与えています。デッサンの枚数をこなし、観察力を鍛えたことがこの一枚から伺えます。鉛筆の調子が強く力強い印象のデッサンですが、中間色が弱いために鉛筆の色幅が少なく感じます。鉛筆を使い分け、筆圧を変えることで色調のトーンが複雑になり、モチーフの質感や固有色が感じられる、豊かなデッサンが描けます。鉛筆の濃淡に変化がなく、筆圧が弱いために画面全体の印象が弱々しく感じます。モチーフの質感の違いを描き表すためには、鉛筆の種類を使い分け、筆圧の加減を工夫すると良いでしょう。個々のモチーフをできる限り観察して、描き込んでいくことが大切です。●高校入試の実技試験について水彩画と鉛筆デッサンのいずれかを選択して受けることができます。作品はどちらも卓上静物で、2時間で描きます。水彩画の場合は、構図に注意して、形、色彩、立体感、明暗や陰影の変化をよく観察して、元気良く絵具をたっぷり使って描いてください。鉛筆デッサンの場合は、モチーフを丁寧に見て、構図、形、立体感、光の方向性や物の質感を捉えるように心がけて描きましょう。力のこもった作品を期待します。●学科試験について奇問・難問はなく、基本的な知識を問います。学習指導要領の範囲内から出題します。どの教科においても基本をおさえる準備をしてください。過去問題集や学校説明会で発表される出題傾向などを試験対策に活用してください。●面接について推薦入試の面接では、提出作品についての質問をします。一般入試の面接においては、質問の返答内容によって合否の判断はいたしません。平成30年度 高校一般入学試験 実技試験参考作品 鉛筆デッサンJOSHIBI HIGH SCHOOL OF ART AND DESIGN 40

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る