女子美術大学付属高等学校・中学校
2/44

CONTENTS学校長からのメッセージJOSHIBI TOPICSART GALLERY卒業制作展100周年記念 大村文子基金〈女子美美術奨励賞〉 【高等学校】卒業制作展〈優秀賞〉、〈佳作〉中学校1年生から高等学校2年生までの優秀作品100周年記念 大村文子基金〈女子美美術奨励賞〉 【中学校】学外出品作品 JOSHIBI EDUCATION教育理念と学びの概要6年間の美術教育の流れ中学校教育課程高等学校教育課程特色ある学び進路指導先輩からのメッセージ平成30年度 在校生居住地域一覧学納金・表彰・特待生制度・奨学金など女子美のあゆみCOMMUNICATIONキャンパスライフイベント女子美最大のステージ 女子美祭クラブ活動施設設備卒業生紹介入試情報説明会日程女子美術大学女子美術大学短期大学部135689101113151720212223242526272931333537394142女子美は、絵を描くことが好き、ものを創ることが好きというあなたの想いを、「美術の力」へと高める学校です。これからの子どもたちには、「思考力」・「判断力」・「表現力」の育成が重要と言われています。そのために女子美では、多彩な学校行事や美術の授業はもちろん、全教科を大切にしたカリキュラムを展開しています。論理的な思考や探究心、そして読解力を養い豊かな表現力を育ててまいりました。そしてAIの時代はすぐそこまで来ています。これからの子どもたちの未来に必要とされる力とは、AIには成し得ない能力、「芸術的な作品やデザイン、今までにないものを作り出す創造力や独創的なひらめき」、そして「コミュニケーション能力、課題解決能力」を身につけることなのでしょう。これらの力はまさに、専門的で質の高い女子美の美術教育で培われています。この女子美で育まれる「美術の力」こそが、これからのAI時代に、美術、デザイン分野はもちろん、あらゆる社会が求めている力と確信しています。今、時代が「美術の力」を必要としているのです。また、女子美には「心をこめてものを観る」という言葉があります。対象物をじっくり観る、そして自分の心の奥深くから発する声を聴く。絵を描き、ものをつくることは自己を学校長からのメッセージMessage from the principalこのマークを見つけたらQRコードにアクセスして、動画の女子美を体験しよう!「美術の力」~これからの未来に必要な力~JOSHIBI HIGH SCHOOL OF ART AND DESIGN 1

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る