明治大学付属 中野中学・高等学校
21/28

平成23年度卒業東京海上日動あんしん生命保険株式会社宇津見 剛人間力を学ぶことのできた充実の6年間明大中野中学校に入学してから高校卒業までの6年間、ゴルフ部に所属し、部活動に打ち込む日々を過ごしました。学校の勉強はもちろんのこと文武両道を目指し、何事にも全力で取り組みました。卒業後は明治大学に進学し、体育会ゴルフ部に入部。4年次には主務を務め、実のある大学生活を送りました。現在は第一志望の会社に入社し、毎日仕事が楽しく、充実した日々を送っています。私の土台には、明大中野の6年間で学んだ「自立した一人の人間として、力強く生きていく人間力」があります。その「人間力」を生かして誰よりも多く行動し、後悔のない就職活動ができました。ゴルフ部の朝練習にスーツで行き、部活動が終わったあとすぐに会社の説明会や面接に行っていたことが懐かしく思い出されます。全力で目標に向かい、自信を持って行動できたのは、楽しいことや辛いこと、何事にも真っすぐに向き合う大切さを中高時代に学んだからです。今後も、この「人間力」をさらに磨き、大切にしよう、と考えています。先生方にはいつも優しく、ときには厳しく、学業はもちろんのこと、言葉遣いや社会を生き抜いていく方法も教えていただきました。試験前の放課後、教室で自主勉強をしていると、先生方がいらして勉強を教えてくださるなど、先生方との関係はとても近く、本当によく面倒を見てくださいました。現在も食事などご一緒する機会があり、そのときはいつでも中高時代の先生と生徒の関係でいられることを嬉しく思います。また学校生活では、縦、横のつながりを多く持つことができました。学年には約400人の同級生がおり、現在でも仲良く付き合える友達、そして学校行事や部活動で知り合った頼れる先輩を持つことができました。この人間関係は、私にとって一番の宝です。お世話になった先生方とかけがえのない友達や先輩にめぐり会えた明大中野に感謝しています。本当に大好きです。私は「自分」の基礎を形成した期間がまさに中高6年間の時期であったと感じています。さらに、その基礎をどう磨き、進化させていくかに焦点をあてることが大学4年間であったと考えます。より良い「自分」になるために、時に道を選択しなければなりません。私が感じた人生の三つの岐路をご紹介します。中学入学当時、学校の部活動には入らず、地元のサッカーチームに所属していました。高校に進学する段階で部活動への憧れが芽生え、高校サッカー部に入部しました。しかし、自分の能力の限界を感じ、サッカーに対する情熱を失ってしまいました。運動が比較的得意であった私は、仲の良いラグビー部の友人に転部の相談をし、友人をはじめラグビー部の顧問の先生が快く入部を受け入れてくださったことが第一の岐路になります。結果として、レギュラーとなって出場したラグビー部は東京都準優勝(2011年度)を収め、目標としていた全国大会出場は逃しましたが大変良い経験をしました。今でもラグビーで繋がっていた交友関係は、強くかけがえのないものとなっています。第二の岐路は大学の学部選びです。高校3年になると進路を決めなければなりません。当時、明治大学への進学を希望していた私ですが、どの学部が適切なのか悩んでいました。そこで学年主任の先生に進路先を相談し、ざっくりとした自分の将来像を伝えたところ、経営学部公共経営学科に進むよう、的確なアドバイスをいただきました。このように生徒の人生における重要な選択を一緒に考えて熱心にフォローしてくださる先生方の存在は、明大中野の一つの強みであると感じます。第三の岐路は就職です。明大中野で培った文武両道の精神は大学でも発揮されました。大学入学時、体育会ラグビー部に所属することも考えましたが、一方で海外留学、ゼミ活動といった勉学への意識も強かったことから明治大学体同連ラグビー部に入部しました。実際に活動を経て大学4年次にはゲームキャプテンを務めるまでに成長することができました。ゼミや3回の海外短期留学を経て豊かな国際感覚を身につけることができ、現在は専門商社でグローバルなビジネスに携わっています。明大中野の6年間は、部活動と大学進学に必要な成績の取得に重きを置く環境が十分に整っていると感じ、「文武両道」は現在でも強く意識させられる言葉となっています。以上のことから、明大中野での生活は「自分」を形成する基礎づくりの場であり、多くの選択の瞬間がある環境だと感じます。その選択を間違えぬよう、先生方の助言や部活動、定期試験等の勉強を活用し、「自分」の進むべき道を形成していってください。MESSAGEOBメッセージMESSAGEOBメッセージ平成23年度卒業岡谷鋼機株式会社下川 佑斗6年間の「自分」作りの基礎固め20NAKANO JUNIOR AND SENIOR HIGH SCHOOL ATTACHED TO MEIJI UNIVERSITY

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る