富士見丘中学校
8/36

02外に向かって挑戦できる人富士見丘の海外留学制度は、45年以上の歴史を誇ります。芹澤さんと武田さんは、中学2年のとき、この制度を利用して、イギリスとUAEに3週間滞在しました。「私は英語が得意ではないので、出発前はとても不安でした。でも行ってみると本当に楽しくて、あっという間に3週間が過ぎてしまいました」「私も最初はなかなか言葉が通じなくて。でも、コミュニケーションをとろうと努力すれば、何とかなるんです。1週間たったころには緊張することなく、ホストファミリーと話ができるようになりました。3歳と1歳の子どもがいるファミリーだったのですが、毎晩絵本を読んであげたりしたんですよ」「私は現地校の生徒たちとの交流が印象に残っています。折り紙やけん玉など、日本の伝統的な遊びを教えるときは、説明が難しくて大変だったけれど、ジェスチャーも交えて頑張りました。現地の生徒たちも興味津々で、すごく盛り上がって」「文化とか食べ物とか、本場のものを体験すると感動しますよね。私はホストファミリーがアフタヌーンティーに連れていってくれたのですが、本場のスコーンに大感激。その後も現地校の先生のお宅におじゃまして、皆でスコーンを作ったのですが、あまりのおいしさに驚き、それ以来スコーンにはまってしまいました」「UAEも、行く前は、それってどこ?って感じだったけれど、行くことでイスラム教の生活習慣なども知ることができて、今はまた行きたいな、って思っています」「英語力を強化することはもちろん、異文化体験を通して視野を広げられることも、富士見丘の短期留学の魅力。参加した時期によってそれぞれ受け止め方も異なると思うんです。ふたりも、帰国後は英語への興味が目に見えて深まりましたよね」(先生)勇気を出してチャレンジすることが大切。行けば何とかなるんだな、って実感しました。21st Century Skills That Fujimigaoka Develops富士見丘が育てる21世紀型スキル高校1年 芹澤さん、武田さん松永先生07

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る