富士見丘中学校
7/36

0121st Century Skills That Fujimigaoka DevelopsTOPICS国際社会で活躍するためには、英語力は必須。それぞれの英語力に応じて少人数で行われるオリジナルの授業を通して、世界中の人とのコミュニケーションツールである英語を、積極的に表現できる力を養っていきます。[ 英語4技能を伸ばす先進的な英語教育 ]大学入試や留学に繋がる英語技能試験対策「英語が楽しい!」楽しさと驚きを実感する授業多方面から英語を鍛えるオリジナルプログラム英語上級者には海外中高同レベルの英語教育を富士見丘の英語授業では、「読む」「聞く」だけでなく、「話す」「書く」時間がたくさん準備されています。富士見丘の授業を受けると、英語で言いたいことを表現できるようになり、「英語が楽しい」と思える。表現できるようになった英語を試す機会にあふれているから、もっと英語が話したくなる。「楽しみながら主体的に英語を学ぶからどんどん英語が伸びていく」、それが富士見丘の英語教育です。富士見丘では全員が、毎年1回各自のレベルに応じた英語外部検定試験を受験し、自身の4技能の習熟度を測り、学習の意欲を高めています。近年大学入試でも外部検定試験のスコアが活用されるようになってきているため、この毎年の受験が、大学受験に直結する英語力の養成にもつながっています。また、ネイティブの教員による外部検定試験対策も行われており、海外大学を志望する生徒は一層のサポートが受けられます。(P.26参照)辞書を使わず英語の原書を読み進めるExtensive Readingでは単語力、読解力、速読力を養います。スカイプを使って1対1でネイティブと英会話を行うオンラインスピーキングでは臆することなく英語を発話する力を身につけます。普段の生活においてもネイティブの教員がランチタイムやホームルームに参加したり、英語日記の添削、放課後の英会話など英語に触れる機会を多く設けています。中学生(英語特別クラス)は週7 時間、高校生(アドバンストコースB)は週6 時間、7 人のネイティブ教員の指導のもと取り出し授業を行い、少人数制による海外の中学高校と同レベルの授業内容を提供しています。➡ 教科指導「英語」P.2506

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る