富士見丘中学校
3/36

校長挨拶富士見丘中学高等学校 校長 吉田 晋 グローバル教育、アクティブラーニングなどが「21世紀型教育」として注目が集まる以前から、本校はこのような教育を長年行ってきました。大学受験をクリアするためだけの記憶や知識に頼った英語力ではなく、コミュニケーションツールとしての英語力を養う英語(国際)教育もそのひとつ。富士見丘中学校には、本物の英語力を軸にして、自らの資質を表現し、世界に羽ばたき活躍する先輩たちがたくさんいます。 伝統と実績ある教育を可能とする背景には、女子校ならではの恵まれた環境があります。女子に特化した授業展開を行うことができることに加え、身も心も大きく成長する時期に、異性の存在を気にすることなく伸び伸びと学校生活を送ること、すべて自分たちの力でやり遂げる行動力や実行力をつけていくことこそが、真のジェンダーフリー教育であると私たちは考えています。そして、こうした力は、将来社会に出た際に大きな糧となるはずです。 2018年度からは進化した富士見丘を表現するブリティッシュ・トラッドの新制服も登場します。伝統を守りながらも、常に先を見据え、着実に進化していく富士見丘の教育に、どうぞご期待ください。01030204英語でコミュニケーションできる人他者と協働で課題を解決できる人外に向かって挑戦できる人自分で目標・課題を見つけられる人[ 英語4技能を伸ばす先進的英語教育 ][ 中高大連携で行うアクティブラーニング ][ 多様な国際交流・留学プログラム ][ 考える力を伸ばす特別講座 ]→P.5→P.7→P.9→P.11グローバル社会で活躍するために身につけておきたいスキルを、本校が育てたい人物像として4つにまとめました。2020年に大きな変革を迎える大学入試にも対応し、さらにその後の人生においても必ず生きる21世紀型スキルを育てていきます。富士見丘が育てる21世紀型スキル02

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る