富士見丘中学校
12/36

0421st Century Skills That Fujimigaoka Develops自分で目標や課題を見つけられる人自主研究5×2平日5日間の通常授業からの「学び」と週末(土・日)の自らの「研究」の相乗効果を期待して、「5×2」と名付けています。中1から高2で実施している「自主研究5×2」では、研究テーマはどんなジャンルでも構いません。それぞれの興味・関心を掘り下げることを通じて「探究」の面白さに気づき、自身のオリジナリティを発見します。先生のアドバイスをもとにテーマを決定した後は1年間を通して研究。主に週末を使って研究を進め、毎回の研究記録と実施記録を担任に提出。アドバイスを受けながらレポートをまとめあげます。2017年度最優秀賞〈研究テーマ〉パラリンピックを支えている人たち  中学3年 棚田瑞貴スポーツを見ることが好きな私は、リオでのオリンピック・パラリンピックを見てとても感動し、東京パラリンピックで何が自分にできるのかを考えたいと思いました。パラリンピックとは1948年、第二次世界大戦で負傷した兵士たちのリハビリの一環として行われた16人のアーチェリー大会をはじめとしており、いまや159ヶ国・地域の4316人が参加しています。私は今回オリンピックやパラリンピックのサポートをしている人たちにインタビューをしました。元プロ選手で現在もジュニアの車椅子テニスのコーチをされている星義輝さん、東京オリンピックでもトレーナーとして帯同予定の整骨院の野口先生、車椅子スポーツ選手のマウスピースを作っている歯科医の山内先生など多くの方の話を伺う中で、パラリンピックに対しても様々な支え方があり、たくさんの人が協力をし、努力をしていることがわかりました。2020年に向け、これからも積極的に関わっていきたいと思っています。富士見丘が育てる21世紀型スキル11

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る