東京都市大学 等々力中学校・高等学校
4/32

英語力英語運用能力の向上高い知性と教養の習得(論理的思考力・コミュニケーション能力・共感力の育成)問題解決プログラム定期的なボキャブラ・コンテストの実施アクティブ・ラーニング(双方向・問答形式)の授業帰国生向け英語取り出し授業SST(理科教育プログラム)音読重視の英語授業英語国際教育のロードマップを作成。数値目標※を掲げて、指導の進捗を確認しながら計画的に指導します。授業形態の変革で生徒の学びの質を変え、考える力・発信する力を日常的に育てていきます。● 「基礎と実践は両立させなければならない」と本校は考えています。英語の「基礎」と「実践」をつなぐ鍵である「音読」を英語学習の中心に据え、4技能を実践的なレベルまで昇華させます。※一般生:第1ステージ(中1・中2)修了時に英検3級(GTEC 350点)、第2ステージ(中3・高1)修了時に英検2級(GTEC 480点)を取得。「特選・GL留学プログラム」適用希望者:留学前に英検準2級、帰国後はTOEIC 730点/英検準1級を取得● 「アクティブ・ラーニング(双方向・問答形式)の授業」「SST(Super Science Todoroki Program)」などを導入。体験を通して主体的に学び、本物の知識を習得する授業を導入します。● 相手の意見を十分にくみ取り、心を寄り添わせる「共感力」も養います。● 本校では、体育と部活動指導も重視しています。フェアプレイの精神とルールに基づいて競い合える強い心を育成します。英語国際ロードマップ体育と部活動指導様々なイングリッシュ講座の開講システムLiPイングリッシュ・サロンの開放システム4A基礎学力の定着とスポーツマンシップGlobal Leaders ベースとなる取り組みベースとなる取り組みソフト面ハード面等々力教育の新たなるスタンダードGlobal Leaders Program(GLプログラム)「noblesse oblige(ノブレス・オブリージュ)とグローバルリーダーの育成」。この理想の教育像を掲げて本校が誕生したのが2010年でした。2015年からは“等々力改革第2ステージ”と位置づけ、教育システムを再構築しました。4つを柱とした「Global Leaders Program(GLプログラム)」を立ち上げ、グローバルリーダーの育成に力を注いでいます。次のステージに向けて、教育システムを再構築。理想の教育を今まで以上に追求・実践していきます。124

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る