東京都市大学 等々力中学校・高等学校
13/32

4SYSTEM3SYSTEM学校生活とサポートシステムイギリスのパブリックスクールの生徒は、寄宿舎生活の中、食事を囲みながら、語り合い、絆を強めていきます。本校もこの精神に則り、昼食に給食制を導入。担任の先生といっしょに教室で、栄養バランスの考えられた給食を楽しみます。中学3年間は、皆でいっしょに「給食」を食べます。「SA」は「Student Assistant」のこと。入学式で、先輩が新入生をエスコートして入場する姿は、本校の伝統になりました。また、サバイバルキャンプでは高1と中3がリーダーとなって中1を指導します。先輩が後輩をサポートする「SA制度」を実践。「ひだまり」という名のカウンセリングルームがあります。カウンセラーは2名体制で、月曜日から金曜日まで対応。また、生徒や保護者の方々に向けて「ひだまり通信」を定期的に発行しています。カウンセリングルーム「ひだまり」を用意。安全対策など各種マニュアルを完備し、校舎や体育館には耐震補強が施されています。また、生徒の登下校時の安全にも配慮。生徒が持っているICカードをカードリーダーに読ませることで、保護者の方々に登校・下校を知らせるシステムを導入しています。警備員は3名体制で、365日常駐しています。耐震構造の校舎。下校時の安全にも配慮しています。2SYSTEM1SYSTEM13

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る