実践女子学園 中学校高等学校
42/46

初年度納入金安全安心教育 ‒生徒の命と健康と安全安心のための教育‒・保健センター機能の充実(学校医1名+スクールカウンセラー1名+養護教諭3名の計5名と、担任+学年主任による連携)ア 学校医による健康相談の充実イ スクールカウンセラーによるカウンセリングの充実と医療機関への連携ウ 養護教諭による生徒の心身のケアと健康増進、疾病予防活動の推進エ 健康診断の結果をふまえ、再検査、精密検査の必要のある生徒へのよびかけ・思春期の心とからだ、薬物に関する講演会の実施・AED3台完備、および定期的な点検・全教職員が年1回普通救命講習受講・保健の授業で救急救命教育の実施・気温、湿度、光化学スモッグ注意報による運動の制限や熱中症対策の徹底・クラブ活動(校友会)の奨励(中学生は必修)・警備員による24時間の防犯体制の充実・「安全安心研修会─登下校の安全とインターネットの危険性」(渋谷警察署)・「インターネット、携帯電話の利用と危険の研修会」(情報科教諭)・生徒および教職員による避難訓練・防犯研修と訓練の実施・災害時の生徒指導体制の検証と改善・緊急時の連絡手段として緊急配信メール、ホームページ、電話連絡網の活用・災害時の備蓄更新と拡充(全員分の食料・飲料水・寝袋・簡易トイレ)・防犯設備と備品の点検および周知(校内外の防犯カメラ・非常通報ベル・桃夭館各教室のインターホン・防犯スプレー・刺股など)・生徒個人の防災袋の用意(校内留め置きの際の準備)・生徒の自助意識の育成(生徒会委員対象の初期消火訓練)②安全安心のための取り組み ー危機管理体制の整備ー・清潔・安全な校舎の整備③心身の健康を育む環境設備・教室で担任が生徒と一緒に食事をとり、しっかり・楽しく・感謝して食べることを指導。・多様な仲間との食事を通して、友人関係の固定化を防ぎ、適切な集団形成を促す。④中学1年生の昼食指導の食育①生徒の命と、心と身体の健康を 守るための取り組み*上記以外に校友会費(5,400円)、父母の会会費(27,000円)、積立金(90,000円)が 必要になります。必需品(◎)総合計必需品(◎)合計美術科指定デザイン筆セット(5本+配色カード)・学校名入りスケッチブックセーラー上着(ネクタイ付)スカート紺セーター(マーク入)長袖セーラー上着半袖セーラー上着長袖替身頃半袖替身頃スカート白セーター(マーク入)通学カバンサイドバッグ(大)白ソックス(2足組)ネクタイ(式用 白)体育館履トレーニングウエア(上)トレーニングウエア(下)体育着半袖シャツ体育着ハーフパンツ割烹着・三角巾セット(白・無地)通学靴(黒・革製)上履き防災頭巾◎◎○○◎○◎◎○◎○◎◎◎◎○◎◎○△◎△◎種別冬服夏服カバンその他◎は学校指定・必需品  ○は学校指定・希望者購入品   △は指定なし・必需品  品名指定の有無●学費・入学金(2018年度参考)入学金授業料教育充実費施設設備費合計230,000円487,000円80,000円156,000円953,000円費用金額(年間)入学手続時3期分納(4月・9月・12月)3期分納(4月・9月・12月)2期分納(4月・9月)納入時期●制服・体育着等(価格は2018年度参考)約45,000円約35,000円約13,000円約28,000円約121,000円41Jissen Joshi Gakuen Junior & Senior High School

元のページ  ../index.html#42

このブックを見る