実践女子学園中学校高等学校
23/46

Who am I?私たちには何ができるだろう?「今」を理解し、「未来」を考える中学校 「社会」現代社会の成り立ちと国際関係を理解する高校「地理・歴史」社会の一員として、思考し、判断し、行動する高校「公民」▶調べ学習やグループワーク、プレゼンなどを取り入れたアクティブな学び。▶あふれた情報から正しい情報を選びとる力を身につける。▶進路やニーズに合わせた選択授業や講座。中学の社会科では「今」を理解し、「未来」を見据える力の基礎を身につけることを目標にしています。そのためには基礎的な知識を幅広く獲得し、社会のできごとに対して的確に理解を深め、自らの意見をしっかりと持つことができるように学習していきます。中1の地理では、日本と世界の「今」を学習します。地図や統計資料、グラフなどから情報を読み取る力を養います。中2では、「今」につながる「過去」を理解するため歴史を学習します。過去のできごとが今にどうつながっているか論理的に考える力を養います。中3の公民では自らが社会の一員であることを自覚し、公正に判断し適切な行動がとれるよう、現代社会の現状や課題を理解し、解決策や新たな問題設定に発展させます。各学年、調べ学習やグループワークも行い、その成果をプレゼンします。書籍やインターネットなど積極的に情報にアクセスする取り組みにも力を入れて指導します。高校地理歴史科では世界史を必修として学び、日本史または地理を選択して学びます(理系は地理の選択となります)。歴史を学ぶことで、今私たちが暮らしている世界の成り立ちを知ることができます。日々あたりまえに生活している私たちの世界ですが、私たちが生まれてくる現在に至るまでの積み重ねがあってここに存在しています。地理の学習によって、現代の世界で起こっていることを地形・気候や国同士の関係など様々な視野から見つめなおすことができます。現代の諸課題を考えていくための土壌を養い、希望の進路の実現や将来にわたって通用する思考力を育てていきます。高2で倫理、高3で政治経済を必修で学びます。自立した責任ある社会の一員として、自己を理解し、倫理的課題に思索を深め、現代社会の諸問題について主体的に考え、的確に判断し行動する力を養います。卒業後の自分を見据えて、座学、レポート、プレゼンテーション、ディベート、模擬選挙など実践躬行に励みます。社会!実践女子はここが違う教科の学び22Jissen Joshi Gakuen Junior & Senior High School私たちは、広い世界の中のこの場所に存在しています。過去から未来へ続く時間の中で、現在に生きています。この場所で、今、私たちにできることは何でしょうか?ここに集った仲間とともに考えていきましょう。

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る