実践女子学園 中学校高等学校
18/46

第二言語を獲得していくうえで、第一言語である日本語の論理的能力を磨くことは重要であり、また、第一言語を第二言語と共に学ぶことで、柔軟な思考力、高い認識能力、鋭い言語感覚を養うことが可能になると考えられます。本校では国語の学習を国語の学習だけにとどめるのではなく、将来の第二、第三言語獲得の基盤形成機会と捉え、論理的思考力、想像力の育成を目指します。「国語」を通して、外国語習得に必要な「物事を論理的にとらえる能力」を身につける。すべての教科の基本とされる国語。言語活動を通じ、論理的思考力を育むとともに、想像力を刺激し、新たな文化、価値の創造を担う人材の育成を行います。国語「想像」から「創造」聞く力、話す力を育てる国語科は各科目の基礎となる科目です。中1では、週1時間、教員が話した内容(物語や詩、説明文等)を聞き取って文字にする「聞き取りトレーニング」を行います。ひたすら語りに耳を傾けて手を動かすことで授業に臨む姿勢を身につけます。また、司書教諭と連携して、国語の時間に図書館での読書指導を行います。さらに古典学習の導入として百人一首を学び、中学校では毎年冬休み明けに「百人一首かるた大会」を実施しています。教養と知性を本校では中学からオリジナルテキストを用いて古典の読解学習と文法学習を行い、古典の総合的な読解力を身につけます。また、漢字検定取得を奨励しており、校内会場を設置しています。小論文指導では、中3、高1で小論文の書き方指導を行った上で添削指導を行います。高2、高3では大学受験を意識し、授業内でも問題演習を行い、また、多様な進路に対応した講座を放課後、長期休暇中に設置し、確かな受験学力を身につけます。17Jissen Joshi Gakuen Junior & Senior High School

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る