実践女子学園中学校高等学校
18/46

「実践力」を身につけるための多彩なプログラム英語17Jissen Joshi Gakuen Junior & Senior High School英語の4技能をバランスよく伸ばす授業で実践力を身につけ、英語をツールとして国際社会で活躍できる女性の育成を目指します。実践女子学園では、英語は「実技科目」だと考えています。実際に授業では「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく伸ばす授業を展開。豊富な授業時間数を確保し、検定受検や講座・研修にも積極的に取り組むなど、基礎から英語力を鍛えられるカリキュラムです。またネイティブ教員や図書館に所蔵されている洋書の数など、生きた英語に身近に触れられる環境も充実。楽しみながらわかる、伝わる英語力の養成を目指しています。身近なテーマから英語を使う楽しさを実感する基礎期(中1・中2)中1・中2では、ペアワークやグループワークなどを多く取り入れ、身近なテーマを「聞く」「話す」ことに特に重点をおいた授業を行います。中1の授業は習熟度別多展開を導入します。中2ではすでに2クラス3分割の少人数制で、きめ細かな授業を展開しています。さらにネイティブ教員による週1時間の「英会話」授業も、1クラスを2分割した少人数制で実施。「聞いてわかる」「英語が伝わる」楽しさを体感しながら、リスニング力・スピーキング力を高めることが狙いです。同時にLibrary(図書館)で洋書を読んだり、コンピューターを使って学習したり、English Roomを訪れたり、クラスでの発表もあったりなど、多彩なプログラムが展開されます。また、週1回の「英語朝テスト」によって授業の理解度を測定。結果に応じて行われる指名制の補習で、早い段階で自分の苦手を克服していきます。11月のレシテーションコンテストでは、中学生全員がまとまった量の英文を暗唱。毎年、感情豊かな英語の発表が行われます。

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る