実践女子学園 中学校高等学校
13/46

教育世代を越えて継承される“実践規範”中学3年では、後期の総合的な学習の時間にプロジェクト学習を実施します。「教わる授業」ではなく「考える授業」を通して思考を広げ、社会の変化を調べて世界の課題を発見し、未来に向けての解決法を思考。生徒たちは問題解決をグループごとにプレゼンテーションします。総合学習プロジェクト私は、無料で医療を提供するアメリカの医師たちの存在を知り感銘を受けた。高度な医療技術を備えた海外からの医療チームがもっと派遣されれば、感染症の拡大は防げる。私も医師になって海外医療ボランティアなどにも積極的に参加し、少しでも医療格差の縮小に貢献したい。中高6年間をかけ、自己教育力、人間関係力、情報活用力、将来設計力、課題解決力という5つの生きる力を育み、しなやかで強靭な人間力として結実させていきます。これは、本校の卒業生たちが身につける‘実践規範’であり、世代を越えて継承されるのです。高校1年生が考えたライフデザインの一例生涯を支える人間力発展期充実期基礎期高校3年生○志望理由書・自己推薦書指導○進学ガイダンス○面接ガイダンス○センター試験ガイダンス自己実現高校2年生○スタディサポート○適性検査○小論文指導○進路先大学研究・ガイダンス○卒業生合格体験談学部・学科研究高校1年生○スタディサポート○職場体験・オープンキャンパス○クエストエデュケーション○学部学科研究進路探求発展途上国における医療格差成人の生活習慣病も子どものときの食生活や生活習慣からつながっており、保育園や学校における栄養指導は重要度が高い。そこで私は幼児からの食生活が何より大切と考え、保育園で働く管理栄養士として「食」に関する社会問題に貢献したいと思う。「食」に関する社会問題キャリア教育教育方針12Jissen Joshi Gakuen Junior & Senior High School

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る