農大一中高
31/36

Message from Graduate卒業生メッセージ 高1の時、クラスの友人に刺激され、勉強に力を入れるようになりました。高2になると成績上位のクラスになり、そこで出会った友人と切磋琢磨しながら夏休みも受験生のように勉強しました。 数学が楽しくなり、学校の学びと受験勉強の差が埋まったのはこの時です。数学科の先生の授業は教科書のレベル以上の内容だったので、より高みを目指すことができました。記述の書き方など数学の根本は大学生になってからも活きていますし、解答の説明を人にできるだけの力をつけさせてもらったと思います。 在学中の行事で印象的なのは修学旅行です。一日目の夜、太鼓を打ちまくるエイサーで皆を盛り上げました。皆さんも農大一高に入学した際は、行事にも熱心に取り組んでほしいですね。私はこれから自分が打ち込めるものを見つけ、大学院に進んでさらに深く研究していきたいと思います。高校で教えてもらった数学の根本が、大学での学びにも活きています。慶應義塾大学理工学部 応用化学科 平成29年 卒業小林 武史くんGraduate’s Message 中学時代はテニス部に所属し、自主練習に励みながらも良い成績を上げられるよう勉強も努力しました。高校時代になると大学受験を見据えてより勉強に集中するようになり、特に英語の授業では積極的に質問して気になることをその場で解決するように心がけました。 私立文系しか視野に入れていなかった時に、東京外語大学を勧めてくれたのは進路指導の先生です。生徒がどのような進路に進みたいのかを尊重してくださり、私は好きな英語を活かせる大学と出合えたことに感謝しています。 のびのびとした校風の農大一中高には、やりたいことに打ち込める環境があります。中高6年間共に過ごすことで一生の仲間と思い出ができます。今の私の原点は農大一中高で形成されたと言っても過言ではありません。皆さんも自分らしさを大切に、大好きな友人や先生と楽しい学生生活を送ってください。のびのびとした校風の中で、やりたいことに打ち込める環境がありました。Graduate’s Message国際協力機構 勤務平成24年 卒業村田 芽さん30

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る