玉川聖学院中等部
5/32

行事でもクラブでも全校生徒の模範として責任を担うのが高2学年。これまでの経験を活かして勢いよく成長するときです。責任を担う学年として自分の特性は何なのか、多くの先輩たちの話を聞き、面談を繰り返す中で問い続けるとき。自分で選ぶ勇気によって、学ぶ気持ちが本気になっていきます。進路ガイダンス高2の人間学は、人生の四季について考え、生と死に向き合います。多彩なゲストに授業で出会うことで、心の関心は大きく外に開きます。人と人がどのようにつながっていくことができるのか、自分にできることを模索します。総合科人間学韓国への訪問は、日本の過去と現在を考える機会。そして姉妹校との交流は、彼らと一緒につくれる未来を見出すとき。平和な関係を育てることに生きた喜びと使命を受け取っていきます。韓国修学旅行自分の力を最大限に引き上げるために、自分を知り、自分の使命を求めてきた今までの頑張りが後押しします。さらに向上していく次のステップへと励まし合う1年間。世界をつなげるあなたの歩みはまだ始まったばかりです。進路実現高1全員が履修する総合科人間学は、特に自分自身について掘り下げる授業。思春期の心にしっかり向き合うことが、本当の自分の姿を見出す体験となります。総合科人間学世界をつなげる女子が育つ6年間世界の未来に自分を見つける3高心と力を広げる2本当の自分に出会う1高高5

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る