玉川聖学院中等部
21/32

進路につながる授業と体験21体験プログラムの具体例高等部の教育 / 玉聖アクティブ プログラムネイティブ教師が常駐の英語漬けの部屋自由が丘スイーツフェスタ等の地域行事に参加化石掘りで地球を体験World Vision Japanで国際支援を学ぶ高齢者の心に寄り添うワークキャンプ戦争の生の声を聞く広島平和研修旅行アジアの人と出会うミャンマースタディーツアー数学体験館のワークショップに参加韓国の姉妹校崇義女子校とのホームステイ交流自然科学同好会で課外実験第8支部スピーチコンテストで腕試し保育の実践を夏休みボランティアで3週間フロリダ英語研修被災地の人に仕えるボランティアキャンプYAMAHAによる情報科特別授業社会科討論会で熱いディベート山中 美有2014年卒業玉聖の国際教育の総まとめとして行われる卒業生対象のミャンマー訪問ツアー。「『東南アジアの発展に貢献できる仕事』に携わることが、私の夢です。大学ではアジア史を専攻し、課外でもアジアに関わりたいという軸で諸活動に取り組んできました。現在はミャンマーの学生を招致し、相互理解を深めるスタディーツアーの企画をしています。」人間とは何か、世界で起こっている問題は何かを幅広く学習する総合科。「授業を通じて自分の強みに気づき、その強みを伸ばすことの大切さを学び、それが自信に繋がって心の余裕を生みました。また『平和』や『死』をテーマに扱った授業が印象的で、大学で専攻を決める際に授業で得た気づきがヒントをくれました。」東南アジアのために自分が納得できる貢献の仕方はどれなのか、多様な経験を積みながら、長い時間をかけて探していきたいと考えています。人間学私の夢ミャンマー教養学部4年国際基督教大学歴史学・アジア研究専攻ふれあいの旅地球共生プログラム

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る