玉川聖学院中等部
14/32

発表に適した優秀な論文の執筆者は、論文のポイントをまとめたレジュメを作成し、中等部全員の生徒の前で、プレゼンテーションをします。修了論文発表会車いす生活者のバリアフリーを考える背骨の働きと側弯症による影響について私は自分が長年患っている側弯症にについて詳しく知りたいと思い、このテーマを選びました。調べてみると、私のように側弯症で苦しんでいる人が沢山いる事、年を重ねるに連れ悪化する人もいて、悪化しないようにするためには体へのケアが大切になってくることがわかりました。今回の修論を通して、これからも自分の体に関心を持ち、体と対話しながら生活していけたらと思いました。私は自分自身が車イス生活者だからこそ発信すべきことがあると思い、修論のテーマにしました。フィールドワークを通して便利なこと、不便なことがわかりました。そして、まだまだ日本はバリアフリーではないと感じました。これから日本は、オリンピックもあり、色々な人々が訪れます。私は、修論を通して感じたことをこれからも発信するべきだと思いました。特に優れた作品は、プリントアウトし、ファイルされ、情報センターで展示・保存されます。優秀作品は情報センターで展示3年間の総合学習の学びの集大成。自分の興味関心のあるテーマを、各自が掘り下げて自分らしい研究をします。文献をしっかり読み、自分の目と足で確かめて、テーマを検証していきます。独自性を発揮して完成させた各自の論文は、学内のネットに登録され、校内のどこからでも閲覧することができます。「総合学習の集大成」修了論文自分で調べてまとめる第20回図書館を使った調べる学習コンクール佳作第20回図書館を使った調べる学習コンクール佳作修了論文に取り組んでの感想1月修了論文2016年度戦国時代の影の主役 ~その存在がどう歴史を動かしたのか~児童虐待 ~今、私が知るべきこと~テロと向きあい、防いでいくために障害者とその周りの人びと貧困の連鎖から抜け出せない子供達日本の銭湯 ~減少するまちの銭湯~脳科学の進歩は子どもの貧困を減らせるか世界の飢餓に繋がる私達のゴミ音楽の持つ力 ~音楽を聴くときに脳の働きに与える影響について~14~私の体験から~

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る