玉川聖学院中等部
13/32

中学校時代に一番大事なことは、良き友と出会うことです。 年間の女子校での生活を通して、何でも話せて、一緒に笑ったり泣いたり、喜んだり悲しんだりする友情が育まれます。一生続く友達を得られることが玉川聖学院の自慢です。6中学校3年間には宿泊行事、感動体験がたくさん用意されています。共に達成感と充実感を味わう日々を過ごすことで得られる宝が詰まっています。信頼と安心感はこのような毎日の「宝探し」を通して培われていきます。将来の自分は今の自分の延長線上に見えてきます。そこに一歩ずつ歩き出す日々が学校生活と言えます。先輩というモデル、未来への道案内をしてくれる先生方がいつもそばにいることで、勇気をもって自分の可能性を伸ばすことにチャレンジできます。しっかり伸びて明るく育つ教育方法習熟度別授業13生命の大切さ︑愛の心を育てよう情報社会を歩むためのスキルと心を鍛えます希望に満ちたハーモニーを自分らしく生きるために世界でたった一つの作品を作ろう!奏でよう!言葉との豊かな出会い一生の宝物玉聖家庭科は実力が伸びてくると英語・数学はさらに習熟度別クラスに分かれて、各自の速度でじっくりと。家庭科総合科音楽科書道科美術科国語科情報科611325113261132173396外国語宗教(聖書)(英語)特別活動計総合的な学習の時間を次のように各学年にテーマを設け実施しています。会話2会話1会話2LHRLHRLHRまた、総合的な学習のまとめとして、中3で修了論文を作成します。「より良い人間関係を目指して」国語,音楽,美術,体育,聖書,LHRから週2時間  「自然と環境との関係を考える」 理科から週1時間「コンピュータを使って新しい学習に役立てよう」 技術・家庭から週1時間「国際人として生きよう」 英会話から週1時間「人権や平和について考えよう」 社会から週1時間中1中2中33友達との出会いは最高!4クラブ活動や行事で得られるもの5未来に向けての確かな手ごたえ!教科学習

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る