駒場東邦 中学校 高等学校
8/24

本物に触れる駒場東邦では、各学年の担任団の企画により、試験休みの期間や長期休暇を利用して、希望者を対象に、多様な体験学習を行っています。重視しているのは、自分の目で実際に見たり、触れたり、話したりすること、現場の空気を肌で感じることです。私たちは、そのような経験こそが、生徒一人ひとりの生をより豊かにし、日々の学校での学習をより深めることにつながると考えています。真鶴半島にある横浜国立大学大学院環境情報研究院附属臨海環境センターで、NPO法人ディスカバーブルー代表の水井さんの指導により、ウニの発生を観察しました。 ウニの発生を観察 箱根火山見学実習箱根火山の見学実習を行いました。噴火口や千条の滝周辺の地層の観察から、かつて何が起きたのかがわかります。07

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る