駒場東邦 中学校 高等学校
12/24

●進路を考えるホームルーム活動●カリキュラム選択のためのガイダンスを生徒対象と保護者対象の2回実施●カリキュラム選択のためのガイダンスを生徒対象と保護者対象の2回実施●大学受験説明会(大学で何を学ぶかを考える)●進路を考えるための話を聞く会(いろいろな職業のOBによる話を聞く)●受験ガイダンス●特別授業 (センター対策と2次対策授業)●OBの受験体験を聞く会3年(中3)6年(高3)5年(高2)4年(高1)進路指導/進学実績進路指導計画進路指導については、ただ大学進学だけを目標にするのではなく、その先の職業を含め、将来について幅広い視野を身につけてもらうことを主眼としています。高校課程に入った中3後半の「進路を考えるホームルーム活動」から、自分にとってやりたいことは何か、そのために何を勉強したらよいのか、その勉強をするためにはどこの大学がふさわしいかということについて、必要な情報を提供しながら、自ら考え、判断できるように指導しています。高1になったらホームルームなどを通して、保護者やOBから職業観を聞き、先輩の「合格体験記」などを読んで受験についての具体的なイメージを作り、進学への心構えを養います。実力試験などで大学入試に即した学力を養成するとともに、決して受験勉強のみに偏ることがないように、部活や生徒会活動にも高2の後半まで熱心に取り組むように指導しています。生徒個々人の優れた学力と強靱な意志力による理想の実現、それが本校の進路指導の目標です。大学進学という短期の目標のみならず将来についての指導を考えます。11

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る