国士舘中学校
3/24

見識見識見識見識広い視野を持ち、正しい判断ができる誠意誠意誠意誠意真心を持って行動を起こすこと勤労勤労勤労勤労自ら率先し、労を惜しまない勤労奉仕の気持ち気魄気魄気魄気魄何事にも屈しない、強い精神力と忍耐力を持つ国士舘のシンボル大講堂歴史と風格を漂わせる、大正8年に建てられた木造校舎、大講堂は国士舘の伝統を今に伝える象徴的な建造物です。2017年10月「国登録有形文化財(建造物)」に正式登録されました。国士舘創立者 柴田德次郎像 本校の教育は『心学』と『活学』を2本の柱としています。『心学』とは、道徳心や正義感、思いやりの心を備えた人材育成を前提に“心の通った、心の学び(武道と礼法)”教育を行うこと。『活学』とは、「読書・体験・反省」を基として、物事を客観的に捉え、社会の一員として自らの存在価値を見つめ、第一線で活躍できる人材育成を前提とした“教養”と“実践”の教育です。そして、この『心学』と『活学』を形成する要素となるのが“誠意、勤労、見識、気魄”なのです。2

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る